【WiMAX比較】おすすめプロバイダ/2018

 

・WiMAXを契約したいけどどこで契約するの?
・お得に契約するならどこがいいの?

このような方の参考になれば幸いです。

 

WiMAX 失敗しない!プロバイダの選び方

 

店頭で契約するよりネットがお得に契約できるWiMAX

賃貸アパートなどで工事ができない方や、通信費を抑えたい方のインターネット回線の方法としてモバイルルーター【WiMAX】が人気ですが、実はこのWiMAX、契約するお店(プロバイダ)によって月額料金やキャッシュバックの金額が変わる事をご存知でしょうか?

 

実はWiMAXを契約している方全員、同じ料金や同じ条件で契約している訳ではないのです。同じWiMAXを使っているのにお得に契約している方もいれば、そうではない方もいます。

この記事ではお得に契約できる方法をご紹介したいと思います。

 

 

WiMAXの契約はプロバイダを通してネットで契約するのがお得です。

WiMAXを契約できるところというと、【UQスポット】や【家電量販店】などで契約する事が可能です。ですが、契約はネットでした方がお得です。

 

理由はネットで契約できるプロバイダは人件費などの固定費がほとんどかからないのでその分がキャンペーンなど転嫁されているからです。

 

そして、プロバイダがたくさんあり、契約の獲得の競争が起きているのでよりお得に契約できます。

尚、どのプロバイダで契約してもエリアや通信速度に変わりはありません。単純に月額料金やキャッシュバックでお得な契約をしないとその分損をします。

 

 

WiMAXプロバイダの選び方

WiMAXのプロバイダは実は20社以上あります。それぞれが様々なキャンペーンを用意しています。もちろんそういう事に力を入れていない会社もあるのでそういうプロバイダは選んではいけないので注意が必要です。

とはいえ、そんなにプロバイダがあったらどう選んでいいか分からない

 

と思われるかもしれませんが、実は全然選ぶのは難しくありません。

 

 

WiMAXのキャンペーンは2種類しかありません。
それは、【月額料金が安いプロバイダ】と【キャッシュバックが多いプロバイダ】です。

 

 

月額料金が安いプロバイダを選べば、約千円弱、通常料金より安く契約する事ができます。ギガ放題であればUQで契約すると4380円ですが、月額料金が安いBroadwimaxで契約すると3470円で契約する事ができます。

 

キャッシュバックが多いプロバイダを選ぶのであれば、約3万円のキャッシュバックを受け取る事ができます。

ですからあなたが、
【月額料金が安い】を選ぶか、【キャッシュバック】を選ぶか、その二択を決めましょう。

 

ただ、キャッシュバックは受け取りまでに1年近くかかる事と、申請を忘れてしまうとキャッシュバックを貰えなくなるというリスクがあるので注意が必要です。

もし、キャッシュバックの受け取りに自信が無いのであれば月額料金が安いBroadwimaxをお勧めします。

 

 

※キャッシュバックの受け取り方法
11ヶ月後にメールが届くので1ヵ月間の間に受け取り口座を記入して返信しなければいけません。
その期間を過ぎるとキャッシュバックは受け取れません。

おすすめWiMAX 厳選プロバイダ2選

毎月の料金を安くするなら「Broad WiMAX」

 



broadwimaxの特徴

月々の料金が最安級!
・ギガ放題プランが2,726円から始められる
Web申込みなら初期費用18,857円の割引
・8日以内の申請でキャンセルが可能
・端末代0円から!
・口座引き落としも可能
・3年プランならLTE回線利用が無料
16時までの申込みで最短翌日から利用可能!

と言った感じです。

料金 2,726円~
評価
備考 当サイト申込み数No1、月額最安料金

 

月額最安級のbroadwimaxが1位 総評

初期費用が掛かかりますが、月額最安料金でWiMAXを利用する事ができる事で人気のbroadwimax
WEB申込みオプション加入で・初期費用18,857円の割引が割引されます。
オプションはいつでも解約可能なのでかなりお得と言えます。

 

 

WiMAXキャッシュバックで選ぶなら「とくとくBB」

料金 3,609円~
評価
備考 キャッシュバック有り、端末代0円

 

キャッシュバックが強力とくとくBB 総評

キャッシュバックが強力なとくとくBBですが、こちらからキャッシュバック期間が契約から11ヶ月後にメールが届き翌月末までにこちらから申請しないとキャッシュバックを受け取れないので注意!心配な方は月々の料金が安くなるbroadwimaxの方がおすすめ

 

その他のWiMAXプロバイダ

カシモWiMAX


カシモWiMAXは株式会社MEモバイルというMVNO事業会社が提供しているWiMAX2サービスです。UQWiMAX系列のサービスを提供しており、月額料金の安さを売りにした会社です。では、カシモWiMAXについて、料金、サポートオプション、端末でそれぞれ見ていきましょう。

 

カシモWiMAXの料金

まずは、料金面です。カシモWiMAXはSpeed WiFi WX04等の最新端末は取り扱いがないため、2年契約のみ取り扱っています。契約初月の料金は0円で、1~2ヶ月目までは、4,679円から3,299円割引の1,380円で利用できます。また、3ヶ月目~24ヶ月目までは4,679円から1,299円の割引が適用され、月額3,380円で利用することができます。そして、25ヶ月目以降は600円割引の月額3,380円となります。キャッシュバックキャンペーンは実施しておらず、月額料金を安くしている会社です。2年間利用で総額77,120円かかります。

 

カシモWiMAXのサポートオプション

カシモWiMAXでは月額300円で安心サポートというオプションをつけることができます。安心サポートは正常な使用状態で機器が故障した場合に無償で端末の修理・交換が行えるサービスです。但し、水漏れによる故障については対象外となっている為、水漏れ故障時は実費での修理・交換が必要となります。

 

カシモWiMAXの特徴

カシモWiMAXの料金面で見てみると、2年間総額77,120円というのはWiMAXプロバイダの中でも安い方であるといえます。ですが、例えばGMOとくとくbbであれば、Speed WiFi NEXT W04、Speed WiFi HOME L01の購入でキャッシュバックがそれぞれ30,500円と28,100円されるため、2年間総額で74,113円と76,513円で購入することができます。
しかもGMOとくとくbbは契約初月は日割り計算となるため、月末に契約すると、上記金額からさらに日割り計算分割引されることになります。上記の料金は初月1日から契約した場合の料金で計算をしています。カシモWiMAXに比べても2年総額料金はかなり安いことがわりますね。

 

続いて、サポートオプション面で見てみるとカシモWiMAXでは水漏れ故障を対象としていない所に難があります。WiMAX端末を外に持ち出す場合、水漏れって心配ですよね。雨の日や化粧室でうっかり水に濡れてしまいWiMAX端末が故障してしまうなんていうことも考えられますね。ですが、カシモWiMAXでは水漏れ故障は保障の対象外である為、おすすめできません。

 

GMOとくとくbbでは水漏れ保障もついた安心サポートワイドというサービスが月額500円で利用できます。しかも初月無料となるため、サポート面で見てもGMOとくとくbbよりも保障が充実していないことがわかります。尚、GMOとくとくbbでも水漏れ故障を対象外とした安心サポートも月額300円でありますが、こちらも2ヶ月間無料のサービスを行っていて、カシモWiMAXよりもお得ですね。

 

最後に取り扱い端末ですが、カシモWiMAXは一世代前の機種のみの取り扱いであるためおすすめできません。GMOとくとくbbでは最新機種であるSpeed WiFi NEXT WX04、Speed WiFi NEXT W05、Speed WiFi HOME L01sも販売しています。WiMAX端末を購入するのであれば当然最新機種が欲しいですよね。GMOとくとくbbであれば、Speed WiFi NEXT WX04は3年契約での販売となってしまうものの、他の最新2機種については2年契約での購入ができます。カシモWiMAXよりも安い料金で最新端末が手に入るGMOとくとくbbの方がお得ですね。

 

カシモWiMAXのまとめ

以上、料金・サポート・端末面からカシモWiMAXはおすすめできません。カシモWiMAXを契約するのであれば、全ての面で優れているGMOとくとくbbを契約することをおすすめします。

 

DriveWiMAX

DriveWiMAXは株式会社Twelveというインターネット事業を展開している会社が提供しているWiMAX2サービスです。UQWiMAX系列のサービスを提供しており、キャッシュバックはなく、月額料金で還元している会社です。

では、DriveWiMAXについて、料金、サポートオプション、端末でそれぞれ見ていきましょう。

DriveWiMAXの料金

DriveWiMAXでは、初月は3,690円の日割り計算となります。月の途中での加入の場合、加入した日から利用額が計算されます。また、1~2ヶ月目までは4,380から500円割引され、3,690円で利用できます。さらに3ヶ月~24ヶ月目までは月額4,380円で利用できます。キャッシュバックキャンペーン等は実施しておらず、割引額も他のWiMAXプロバイダに比べてやや低い金額となっています。

DriveWiMAXのサポート

DriveWiMAXではWiMAX端末の保障として安心サポートと安心サポートワイドが用意されています。安心サポートは月額300円で端末故障時の保障を受けられるサービスです。これは、WiMAX端末内部の故障に限られます。一方で安心サポートワイドは月額500円で端末内部の故障に限らず、全損の場合であっても保証を受けられるサービスです。
正常な使用方法の元で故障した場合で、DriveWiMAXが認めた場合に限り無償での保障を受けることができます。但し、保障の範囲は明記されておらず、やや不安な所がありますね。

 

DriveWiMAXをおすすめしない理由

ではここからは、DriveWiMAXをおすすめしない理由について説明をしていきましょう。キャッシュバックキャンペーン無しで月額最安値のBroadWiMAXと比較をしていきたいと思います。まず、料金面ですが、DriveWiMAXでは月額料金が高額であるためおすすめできません。DriveWiMAX同様にキャッシュバック無しの最安値プロバイダとして有名なBroadWiMAXと比較してみましょう。BroadWiMAXは初月2,726円の日割り計算。1~2ヶ月目は2,726円、3ヶ月~24ヶ月目までは月額3,411円で利用することができます。
仮に初月1日からWiMAXを契約した場合、DriveWiMAXは24ヶ月間で107,430円の料金がかかります。一方でBroadWiMAXを同条件で契約した場合、24ヶ月間で83,220円かかります。2年間の総額を比較すると24,210円も違うことがわかります。当然ながらWiMAX端末が同じであれば、通信速度や通信エリアに違いはありません。同様のサービス内容であってもBroadWiMAXの方が24,210円もお得ということです。

 

続いてサポート面ですが、DriveWiMAXでは保障の範囲が不明確であるため、おすすめできません。どこまでが保障の範囲か明記されていないところに不安がありますよね。BroadWiMAXでは月額550円で安心サポートプラスというオプションがあります。
これは、正常な使用による故障に対して無償で端末修理を行えるオプションサービスです。対象範囲は端末故障に加えて、水漏れによる故障も対象としています。保障対象の範囲がしっかりと書いてあるBroadWiMAXはいざという時の保障内容もわりやすくて安心できますね。

 

最後に取り扱い端末ですが、DriveWiMAXでは最新端末の取り扱いが無いためにおすすめはできません。DriveWiMAXで取り扱っている3種類の端末はいずれも一世代前のWiMAX端末です。WiMAXの契約は2年が基本ですから、やはり契約するのであれば、最新の端末が欲しいですね。
BroadWiMAXではDriveWiMAXが取り扱っている端末の最新機種であるSpeed WiFi NEXT W05、Speed WiFi HOME L01s、Speed WiFi WX04も販売しています。購入に当たって最新機種が選べるBroadWiMAXのほうがオススメですね。

 

 

3WiMAX

3WiMAXは株式会社Elevenというインターネット事業を展開している会社が提供しているWiMAX2サービスです。UQWiMAX系列のサービスを提供しており、キャッシュバックはなく、月額料金で還元している会社です。最新WiMAX端末であっても2年プランで購入できる数少ない会社です。

 

3WiMAXの料金

3WiMAXは契約初月は2,980円の日割り計算で料金が請求されます。2~3ヶ月目は2,980円で利用でき、4~24ヶ月目は3,615円の月額料金がかかります。25ヶ月目以降は月額4,115円の利用料金となります。2年間の総額は88,470円となります。3WiMAXでは最新のWiMAX端末であっても2年契約での購入が可能というところに特徴があります。
また、3WiMAXでは2年プランに加えて4年プランも用意されています。4年プランの場合は、2年後に最新端末を無料でもらえる特典が付いていますが、4年間の総額料金は安いとはいえません。

 

3WiMAXのサポートオプション

3WiMAXでは端末保証として、安心サポートプラスオプションというものを月額550円で提供しています。これは、WiMAX端末が正常な使用の元故障した場合、水漏れにより故障した場合に機器の修理を無償で行うことができます。水漏れの保障は6ヶ月以上の利用を条件として、6ヶ月に1回まで保障を受けることができます。端末保証としては、最低限の保障はついており、安心して使うことができますね。

 

3WiMAXの取り扱い端末

最後に、取り扱い端末を見ていきましょう。3WiMAXでは、HUAWEI製WiMAX最新端末であるSpeed WiFi NEXT W05とSpeed WiFi HOME L01sを取り扱っています。NEC製のWiMAX端末Speed WiFi NEXT WX04、WX03の取り扱いはありません。

NEC製WiMAX端末はHUAWEI製に比べてバッテリーの持ちがが長いことが特徴であるので、長時間外で使うという人でNEC製を希望している人も多いと思います。3WiMAXでは取り扱いがなく、そもそも購入することができないのは残念ですね。

以上が3WiMAXの特徴となります。

 

 

3WiMAXをおすすめできない理由

WiMAX最新機種であるSpeed WiFi NEXT W05、Speed WiFi HOME L01sを2年プランで購入のできるGMOとくとくbbと比べてみましょう。

まず、料金面です。3WiMAXが2年総額で88,470円かかるところ、GMOとくとくbbは実質7万円代から購入することができます。
GMOとくとくbbは月額料金がやや高めであるものの、高額キャッシュバックによる現金還元を行っていることから、実質の料金は安くなります。初月は3,609円の日割り計算で、1~2ヶ月目は月額3,609円、3ヶ月目以降は月額4,263円の2年間総額104,613円となります。ただし、Speed WiFi NEXT W05の場合は31,000円、Speed WiFi HOME L01sは28,150円のキャッシュバックを受けることができる為、実質の料金はそれぞれ73,613円、74,463円となります。3WiMAXでは88,470円もかかることから、GMOとくとくbbの方が1万円以上も安くなることがわかります。

 

次にオプション面ですが、3WiMAXでは月額550円で水漏れ含む端末保証をつけられますが、GMOとくとくbbでは月額500円で同等の保障内容のオプションである安心サポートワイドをつけることができます。加えて契約開始月とその翌月はサポート保障料金が無料になります。3WiMAXの保障オプションと比べてもGMOとくとくbbでは月額50円も安くつけることができ、さらに最大2ヶ月分の料金が無料になることから、3WiMAXよりもお得であることがわかります。
また、GMOとくとくbbでは、水漏れ保障は不要という人の為に安心サポートという月額300円のオプションも用意されています。必要性に応じてオプション内容を選べるというところもGMOとくとくbbの方がおすすめできるポイントです。

 

最後に取り扱い端末ですが、3WiMAXではWiMAXの最新端末2台を取り扱っています。ですが、GMOとくとくbbでは3WiMAXの取り扱い端末に加えて、NEC製の最新WiMAX端末Speed WiFi NEXT WX04や最新端末の一世代前の端末も取り扱っています。

GMOとくとくbbでは6台ものWiMAX端末を取り扱っており、多くの端末の中から好きな端末を選べるというのも3WiMAXに比べた時の大きなメリットといえるでしょう。