完全版!【VIO脱毛】について徹底解説

VIO脱毛

VIO脱毛って【料金】いくらくらい?(医療脱毛・脱毛サロン)

医療脱毛の場合は料金はクリニックによってピンキリですが、どんなに安いクリニックでも施術1回につき1万円以上になることは避けられません。とはいえ、脱毛効果はかなり高いので値段以上の価値があると考えて医療脱毛にトライする人もかなり多いです。

 

医療脱毛の場合であっても全身脱毛コースにVIOを追加する方がVIO単体で契約するよりも割安になります。ただ、差額はそこまで大きくありません。

 

一方、脱毛サロンの場合はVIOが全身脱毛コースに含まれていることがあり、その場合はかなり単価としては安くなります。

 

VIO脱毛だけのコースの場合は往々にして割高になります。脱毛サロンはVIO脱毛オンリーのコースにはあまり力を入れていないようです。一般的には脱毛サロンのほうが医療脱毛よりも割安になるはずですが、脱毛サロンでVIO脱毛コースを契約すると1回2万円近くなることもあります。

 

この場合、医療脱毛のほうが安いです。脱毛サロンでVIO脱毛を行いたいという場合は全身脱毛コースで契約することをおすすめします。医療脱毛の場合も脱毛サロンの場合も全身脱毛を考えているならVIOを一緒に完了させてしまうことが時間的にも金銭的にも割安になるのでおすすめです。

 

VIO脱毛は【周期】はどのくらい?何回くらいで終わる?

脱毛サロンでVIO脱毛をする時にサロン通いする周期というのは、そのサロンの方針やその人のデリケートゾーンの無駄毛の状態、無駄毛の質、量などによっても違いがあるようです。

一般的には二ヶ月に一度程度、もしくは三ヶ月に一度という周期で行われています。毛周期は人によって違うのでそれを脱毛サロンのエステティシャンが見極めて周期を決めてくれるので任せておいても大丈夫です。そしてどのぐらいの回数通えばVIO脱毛が完了するのかも気になる点だと思います。

VIO脱毛はVライン、Iライン、Oラインの3箇所の脱毛をしていく脱毛コースですが、だいたいVラインは10回程度が平均ですがIラインとOラインはさらに回数が必要でだいたい15回前後というのが平均施術回数になっています。これもその人の毛周期や毛質などによっても大きく違いが出てくるので脱毛士に聞いてみるとだいたいの予想回数は教えてくれるはずです。

このようにVIO脱毛は他の部位の脱毛より少し回数が多く必要です。サロンに通うことになるのはだいたい二年から二年半という長期間になるので、脱毛サロン選びをする時には長期間快適にお付き合いできるところを選んだ方が良いですね。

VIO脱毛【後悔】する時ってどんな事で後悔するの?

VIO脱毛で後悔するのはVIOをつるつるにしすぎてVIOに一切毛が生えなくなってしまうときです。日本人はVIOがつるつるという状態に慣れていないので、温泉などでVIOがつるつるの人を見た時にはつい好奇の視線を向けてしまいます。そして、VIOがつるつるなことに対して、こちら側もなかなか堂々とできず、つい恥ずかしい気持ちを持ってしまいます。その結果、VIOを人に見られることが気になってしまってVIOの施術後は温泉に行きにくくなってしまったという声をよく聞きます。

VIO脱毛の初期の施術であれば全照射しても完全につるつるになることはありえず、またほぼ元の通りに生えてくるので問題はありません。毛の量を減らすためにも何回か全照射をするのは効果的です。ですが、回数を重ねていくとVIOに全照射することは危険になってきます。VIOがつるつるになって温泉に行きにくくなってしまうことは避けたいという場合、継続してのVIO全照射は避けるようにするのが無難だと思います。

VIO脱毛をある程度の回数をこなしたあとはIOは全部照射または一部残す、Vは形を作り、気になる部分だけ照射するというようにするのが好ましいと思います。

VIO脱毛は【つるつる】にできる?

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けるとVIOゾーンがつるつるにできるかという質問を受けますが、これは本当につるつるにすることが可能なんです。

現在ほとんどの脱毛サロンで使われているのは光フラッシュ方式の脱毛マシーンです。これは強い光をVIOエリアの照射することによって無駄毛を根元からしっかり脱毛することが可能なもので、非常に高い脱毛効果があることが実証されています。そしてこの光フラッシュの光というのは黒いものだけに作用する性質があります。

つまり、VIOの無駄毛のように真っ黒で太い毛には特に効果が発揮しやすいということになるわけです。ですからVIOへの照射を定期的に行っていればだいたい10回ぐらいから15回ぐらいの照射をすることで完全につるつるの状態にすることができるのです。

本当に見た目は赤ちゃん肌のように綺麗に仕上げられるので、VIO脱毛を完了したお客さんはみなさん、その手触りの良さに感動して大満足される方が多いです。一度つるつるにするとそのあと、少し無駄毛が戻ってくることがありますが、その都度脱毛サロンでお手入れをキープしていけば、ずっとつるつるのデリケートゾーンを維持することができます。

VIO脱毛は【粘膜】までできる?

脱毛サロンでのVIO脱毛で気になるのはIラインの脱毛だと思います。Iラインは皮膚部分よりも粘膜部分が多い場所なのでどこまで脱毛ができるのか、粘膜のところまできっちり脱毛できるのか悩む人も多いはずです。

どうせならIラインの粘膜に生えている無駄毛も徹底的に処理したいですよね。脱毛サロンでは粘膜への照射には限界があるので、どうしても脱毛クリニックのようには粘膜まで照射するということは避けられてしまうのですが、これはある程度は仕方がないことです。

ですが脱毛サロンの中でもミュゼは、かなり積極的にIラインの粘膜部分のギリギリまで照射をしてくれます。ですから、どうしてもIラインの粘膜部分までしっかり脱毛したいという人はミュゼで一度相談してみると良いでしょう。

また脱毛サロンでは無理な場合でも脱毛クリニックは医療機関なのでIラインの粘膜部分にもしっかり照射可能というところが多いので、あわせてそちらも相談してみたらいいかもしれませんね。もし粘膜にも無駄毛が生えているという人は、サロンで処理できなかった場合は自分で毛抜きなどで処理するしかないでしょう。その時はとても敏感で傷つきやすい粘膜組織ということを常に意識して慎重に処理するようにしましょう。

VIO脱毛【Vだけ残す】事はできる?

結論から言うと、VIO脱毛を行う際にIOは全て脱毛してVだけ残すことは可能です。

むしろ、日本人でVIO全てをつるつるにするケースはあまり多くなく、多くの場合でIOをなくしめVだけ残すか、VIO全てをコンパクトにします。VIOの各箇所はそれぞれ別々に施術を行うので、Vは一部だけ照射して、IOは全て照射するというのは可能です。大抵のの場合、数回は全照射を行なってVIOの毛量を減らし、そのあとは自分の好みのデザインになるように照射していくことになります。

全照射しても毛のサイクルの問題で全く毛がなくなってしまうということはないので心配は不要です。また、VIOのデザインについてはスタッフと相談して決めることになります。どういうデザインなら自然な印象になるのかなど、イメージがつかない場合にはスタッフがアドバイスしてくれるので安心です。

ハート形や四角型など、少し個性的な形も人気がありますが、逆三角形にすると殊更整えたという感じもしないので自然で一番人気です。温泉に行っても目立ちにくい形だと思います。自分で好みの形がある場合はスタッフに伝えればそのように施術してくれるので、積極的にアピールするようにしましょう。

【Vライン脱毛】は形を揃えられる?

Vラインの脱毛をする際は、全脱毛にしてツルツル状態にするか、あとはスモールトライアングルや逆トライアングル、長方形など好みの形に整えてもらうことは可能です。脱毛サロンによっては、リクエストできる形に制限がアリというところもあるようですが、大手の脱毛サロンでしたら好みの形はたとえハート型でも大丈夫のところがほとんどです。

Vラインの脱毛で形を揃えたい時には事前のカウンセリング時などに、しっかり希望の形を伝えておく必要があります。自分なりのこだわりなどがあったら、その時に正確に伝えておかないと、想像と違う仕上がりになってしまって後から後悔してしまうこともあるかもしれません。ですから面倒がらずにVラインの形についてはしっかり脱毛士さんと確認することをお勧めします。

Vラインの形でもっとも人気なのは、ナチュラルなトライアングルのようです。トライアングルでもある程度大きめと、小さめがありますが、ショーツからはみ出ない程度のトライアングルが誰から見てナチュラルな仕上がりになりますし飽きも来ません。またお手入れも楽になります。全脱毛は、人によっては快適だという意見もあるので、どういった形や脱毛範囲が良いのかは脱毛士さんにお勧めを聞いてみると良いでしょう。

VIO脱毛【毛量を減らす・薄くする】事はできる?

結論から言うと、VIO脱毛で毛量を減らし、毛を薄くすることは可能です。その場合、数回全照射を行うことになります。全照射を行うにあたって全剃りすることになり、数週間はVIOに何も生えてこない状態になるので、今後はずっとつるつるのままでもう毛が生えてこないのではないかと不安に思う方もいらっしゃると思います。

ですが、これは毛のサイクルの問題であり、一度の照射で対応できる毛は総量の10分の1程度です。そのため、少し待てばまた次のサイクルの毛が生えてきます。全照射を数回行うことで数回のサイクルに効果を及ぼすことができ、毛がまばらになってきます。自然な毛量の減らし方についてはスタッフが熟知しているので、理想の姿についてしっかり伝えておくことが大切です。

また、全照射を何回くらい行うかについてですが、必要以上に照射してしまうと全く生えてこない部分もできて不自然になってしまいます。笑い話のように思えるかもしれませんが、VIO脱毛の失敗談としてよくある話なので警戒する必要があります。むやみやたらに脱毛を行うのではなく、やりすぎないようにと意識して少し慎重に進めることが重要だということも覚えておいていただきたいです。

VIO脱毛に【副作用】ってある?

VIO脱毛をすると何か副作用が起きないか心配になる人もいることでしょう。ですがVIO脱毛は、他の腕や足といった部位の脱毛をするのとなんら変わらない施術です。ただエリア的にとてもデリケートな部分であることから、副作用の心配をする人が出てくるのだと思います。

実際にはVIO脱毛をすることによってムダ毛がなくなりますから特にIラインはとても快適になるでしょう。ですが副作用という重大なことではなくIラインの脱毛をするとオリモノが増えたと感じる人もいるようです。ですがこのオリモノが増えたというのは実際に量が増えたわけではなく、いままでIラインにムダ毛があったので、それがオリモノを絡め取っていたのであまりオリモノを意識しなくてすんだだけなのです。そういった役目をしていたIラインのムダ毛がなくなったことで全て下着についてくるので量が増えてしまったと勘違いすることに繋がっているのです。

それ以外ではVIO脱毛は清潔に保てる、通気が良くなるので臭い予防ができる、生理の時の経血によるかぶれやかゆみを防止できるといったたくさんのメリットばかりが得られるということなのです。ですから副作用については全く心配する必要はありません。

VIO脱毛中に【妊娠】したらどうすればいい?

VIO脱毛をしている期間に妊娠が発覚した場合はどうすれば良いのでしょうか。基本的に女性の体は妊娠することによってデリケートゾーンは非常に敏感で弱く抵抗力の低下をしている状態になっています。ですからVIO脱毛による光フラッシュを照射すると皮膚刺激が強すぎて思わぬ炎症や副作用を起こしてしまう可能性があるので、妊娠が分かった時点で一旦脱毛サロンをおやすみすることをお勧めします。

途中で脱毛をおやすみするのはとても抵抗があるかもしれません。特に妊娠すると体を動かすのが億劫になりますし、デリケートゾーンも汚れやすくなります。VIO脱毛をしていればお手入れも楽で常に清潔に保つことができるので妊娠中にはメリットが多いものです。ですが大切な新しい命の為にも、ここはグッと我慢してVIO脱毛は産後に体が落ち着いた時に再開することが重要なのです。妊娠中はホルモンバランスも大きく崩れているので、普段なら全く大丈夫な人でも脱毛をすることが大きな負担になってしまうことが考えられます。でも、どうしてもVIO脱毛をしてみたいということなら妊娠初期の時点で脱毛サロンではなく脱毛クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

VIO脱毛は感じたり、濡れたりする事ある?

VIO脱毛を脱毛サロンでやってもらっている時に、感じてしまったり濡れてしまったりすることがあるのではと心配する人がいるかもしれません。ですが基本的に、施術を行ってくれるのは全員女性の脱毛士さんですし、そういう雰囲気ではありませんから、そのようなことは心配するに及ばないでしょう。施術をしてもらっている時についエッチな気分になってしまうという人もいるでしょうけれど、脱毛サロンの施術ルームは明るくてとても清潔な雰囲気になっていますし脱毛士さんとも会話が弾んだりすることも多いので、感じてしまったり濡れてしまったりというケースは無いといっても良いと思います。

特に感じやすいという人は施術中は常に脱毛士さんに話しかけて楽しい会話をするなどを心がけたり、全く違うことを考えるようにするなどある程度のテクニックは必要になってくるでしょう。もし万が一感じて濡れてしまったとしても紙パンツを履いているので、その状態があからさまに脱毛士さんの目についてしまうということも無いと思われます。ですから、VIOの施術を受ける時には、あまり深く考えないようにするようにすれば、短時間のことですしなんとでも乗り切れるはずです。

VIO脱毛って【性病】は移らない?

脱毛サロンでVIO脱毛をする時には、とてもデリケートな部分であるだけに色々な心配があるかもしれません。

例えばVIO脱毛をする時には当然下着を脱いで施術ベッドで脱毛施術を行うことになるわけですから、他の人が性病を持っていたりすると、それが感染してしまうのではという不安があるでしょう。これは確かに可能性がゼロというわけではありません。ですが大手の脱毛サロンでは、こういったトラブルが発生しないようにするための防止策をしっかりと取っているので安心して施術を受けることができます。

大手の脱毛サロンでは衛生管理を徹底しており、全ての脱毛マシーンの先端部や器具、タオル、施術ベッドなどあらゆるものをきちんと消毒しているので、たとえ性病の患者さんが知らずに脱毛施術を受けたとしてもその性病の菌が他の人に感染するような重大なトラブルを引き起こす心配はほとんど無いと言っても良いでしょう。

もちろん脱毛サロンの中にはこのように徹底した消毒などの対策を行っていないところもあるかと思います。ですが大手の脱毛サロンではこういうことはあり得ませんから、どうしても心配な人は大手サロンの中から選んでVIO脱毛をしてもらえば良いでしょう。

クラミジア・性器ヘルペス・カンジダ・梅毒、他【性病】だけどVIO脱毛できる?

最近は性病にかかっている女性も増えているようです。これは社会問題にもなっているほどですが、主な性病ではクラミジア、性器ヘルペス、カンジダなどですが、特に最近は梅毒感染者も急増中ということです。こういった性病にかかっていることを自覚している、あるいは治療中という場合は脱毛サロンでのVIO脱毛はできません。

 

その理由として、他のお客さんに感染が拡大してしまう危険性があるからというのが最大の理由でしょう。また他にも、性病にかかっている時にはVIOエリアの皮膚や粘膜は抵抗力がガタ落ちの状態なので光照射をしたりすると思わぬ皮膚トラブルが起きてしまう可能性があるのです。ひどい時にはかぶれを起こしてしまったり、火傷状態のようになってしまったりと人によって出てくる症状はさまざまです。

 

ですから性病であることを黙って脱毛サロンでVIOの施術を受けるというのもモラル的に考えても絶対にやってはいけないことなのです。脱毛サロンでは初回カウンセリングを行う時に、必ず質問票に性病の感染の有無の質問があります。ここで” はい”を選択すると自動的に契約をすることはお断りされるのですが、虚偽の回答をすれば、もちろん施術は受けられるかもしれませんが、これだけは絶対にやってはいけないことです。治療をして完治してから脱毛をするようにしましょう。

 

【オリモノ】が多いけどVIO脱毛は問題ない?

VIO脱毛を脱毛サロンで行う時は、やはりオリモノが気になってしまって恥ずかしいと感じる女性も少なくありません。ですが脱毛サロンではVIO脱毛を行う際には、必ず紙のショーツなどを履くことになるのでオリモノが目立つということはありません。

例えばもっともオリモノが気になるのはIラインやOラインの脱毛マシーン照射時だと思いますが、その際も紙のショーツを少しずつずらしながら照射していくので、もろにIラインが露出してしまうことはありません。ですからオリモノも目立つという心配が無いのです。また脱毛士さんたちもプロ中のプロですから、日頃からVIOの施術をたくさんやっていますし、オリモノの事に関しては気にも留めていませんから安心して施術を受けて欲しいですね。

また、オリモノがとても多いというのであれば施術の直前に、トイレへ行ってデリケートゾーン用のウエットティシュなどでエリア一帯を軽く拭いておくのも良いでしょう。そうすれば施術中に気になってしまうほどのオリモノがデリケートゾーンに付いてしまっている状態は避けることができます。これはオリモノが多い、少ないに限らず施術前に行う最低限のエチケットでもあると言えるでしょう。

VIO脱毛は【生理中】でもできる?

VIO脱毛は生理中にはできません。

VIO脱毛は数ある脱毛部位の中でも特に衛生面に気を使う部位です。クリニックやサロンによりますが、施術前にはウォシュレットでしっかりVIOを洗って清潔に整えておくというのが一般的です。生理中にはたんに見た目が悪いというだけでなく、出血があるので施術するスタッフが客の病気に感染するリスクもあります。また、客の側でも免疫力があまり高くない時期なので、VIO脱毛を行うに当たってあまりいい状態とはいえません。

肌も敏感になっているので、いつも以上に火傷リスクも高まります。この点についてはVIO脱毛だけではなく、生理中行う全ての部位の脱毛に当てはまります。また、脱毛サロンの光脱毛の場合は色の黒いところに反応します。生理中は血の赤黒い色に反応してしまう可能性があり、正常に光脱毛が機能しない可能性が高いです。

生理中にはVIO脱毛ができませんが、それは正当な理由があったのことです。生理の予定を把握してなるべく生理がこないときに施術を予約するようにしましょうり生理は時期が読めないことも多いので、VIO脱毛に関しては変更やキャンセルが容易なクリニックや脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。

VIO脱毛ってアソコを見られる?恥ずかしくない?

VIO脱毛でアソコを見られるかと言われれば見られるかもしれません。ですが、VIO脱毛は人気のある部位であり、スタッフは数え切れないほどの脱毛を担当しています。そのため、VIO脱毛を行うときももう何も感じないそうです。スタッフの感覚が羊の毛を刈る感覚だというとわかりやすいと思います。

基本的にクリニックや脱毛サロンでの脱毛には女性スタッフ以外関わることはないので、その点でも安心です。スタッフは全く抵抗なく施術を行いますので、客がむしろ恥ずかしがっていることのほうが恥ずかしいと感じてしまいます。

脱毛の衝撃から目を守るためにマスクなどをつけることが多いので、今自分が何をされているのか考えなければ全く問題ありません。また、クリニックや脱毛サロンのスタッフは基本的に皆全身脱毛経験者で、VIO脱毛を行うときに客が恥ずかしい気持ちになるというのは経験からも理解しています。

そのため、客が施術時にリラックスできるように声かけをしてくれることが多いです。VIO脱毛は一度やってみると想像しているほど恥ずかしくないとわかります。VIO脱毛後はとても快適になるので、まずは勇気を出して一度挑戦してみることをおすすめします。

VIO脱毛は【事前処理】で全剃りするの?

VIOを全照射する場合には事前処理で全剃りする必要があります。一方、一部を残す場合には照射する部位のみ剃っておけば問題ありません。大抵の場合、数回は全照射して毛量を減らすことになるので、VIO脱毛に取り組む多くの人が全剃りを経験することになると思います。

Vはそれほど難しくありませんが、Iもなかなか難しく、Oに至っては完璧に自分で剃ることは困難です。

脱毛サロンのスタッフもOについては自分で剃れないと言っていました。プロでもできないということは一般人には難しいのでしょう。自己処理する場合は前日までに処理することになります。綺麗に剃ることを意識するよりも、剃刀負けに気をつけるようにしてください。剃刀負けしてしまうたらその部分を照射することができなくなってしまいます。

また、使う剃刀は電動のものだと使いやすいと思います。サロンによっては剃り残しについて追加料金を徴収されることがありますが、それは脱毛効果を高めるという意味でもしょうがない必要な出費なのだと思います。

鏡などを使って自分でできる限り処理して行くことが大切ですが、自分ではどうしようもない部分に関しては無理に剃ろうとして肌を傷つけてしまうよりは、プロの手に任せるのも大切です。

VIO脱毛って【麻酔】するの?

VIO脱毛はでエリケートゾーンなので、皮膚も腕や足といった所と違い、薄くてとてもデリケートです。そのため脱毛マシーンの照射時にも痛みを感じやすいのではと考える人がほとんどだと思います。確かにVIO脱毛をする時にはかなり痛みを伴うという口コミも目につきます。ですが最近の脱毛サロンで導入している脱毛マシーンは最新型のものですから、痛みが本当に少なく施術を受けることができるようになっています。

 

VIO脱毛時にも、以前よりも確実に痛みを感じることは少なくなっています。人によってはほとんど痛みを感じないという場合もあるのでそれほど心配することはありません。またVIO脱毛のためのマシーン照射をする場合は必ず冷却ジェルなどであらかじめしっかりエリアを冷やしてから照射するので、さらに痛みを感じにくくすることが可能なのです。

 

初めてVIOに照射をしてもらう時には、多少違和感や少しの痛みを感じることがあるかもしれませんが施術回数を追うごとに、痛みや不快感はさらに現象してくるので、少なくとも3回目以上の施術回数を超えてくるとほぼ違和感や痛みを感じることが無くなるようです。

 

VIO脱毛は、痛いという先入観があるとそれだけ痛みを感じやすくなるので、ぜひリラックスして施術を受けるようにしましょう。

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違い

脱毛サロンのVIO脱毛のコースで、よく目にするのがハイジニーナ脱毛という言葉です。

VIO脱毛初心者ならちょっと聞きなれない言葉だと思いますが、このハイジニーナ脱毛は、VIOエリアを全てツルツルに全脱毛する施術のことです。もちろんVラインも全て脱毛するのでツルスベ状態になるということを意味しています。ハイジニーナ脱毛という名前自体はハイジーンという衛生的という英語の単語から派生している名前なので、衛生的に保てる施術という意味合いになります。

ハイジニーナ脱毛をするメリットはムダ毛が一切無くなるので、煩わしいデリケートゾーンのムダ毛処理から解放されること、そして何よりも生理の時や夏の暑い時に、デリケートゾーンが蒸れたりすることを防止するので、嫌な臭いやかぶれ、かゆみなどの不快症状をしっかり抑えることができることでしょう。これだけみてもハイジニーナ脱毛のメリットはかなり大きいのがわかると思います。

ハイジニーナ脱毛をする時には、全脱毛ということで最初は抵抗感を持つ人もいるかもしれませんが、実際にハイジニーナ脱毛をした人のほとんどは、やって良かったと大満足しているというデータもあります。今後もその快適さが認められてさらにハイジニーナ脱毛が当たり前になってくるはずです。

VIO脱毛は【40代・50代】でもできる?

VIO脱毛はアメリカなどでは随分前から当たり前の女性の身だしなみとして人気がありましたが、日本でVIO脱毛が人気になってきたのはごく最近の事です。ですが多くの女性がVIO脱毛による快適さを知る事となり現在は、40代や50代でもVIO脱毛をする女性が急増中です。

VIO脱毛は20代や30代が主流と考えられているところもありますが、40代以上の女性でVIO脱毛を考える理由は将来的に自分が介護を受けることを見据えてVIO脱毛をしてもらうということだそうです。つまりいずれ介護を受ける時にVIOにムダ毛があるとオムツのお世話をしてもらう時に、介護士さんに手間をかけてしまうことになり、それを避けて少しでも処理を楽にしてもらうための、心遣いからくるものなのです。

40代や50代でVIO脱毛をすることには、そういった深い理由があるのですが、それ以前にデリケートゾーンを常に清潔に保つことができるため抵抗力が落ちるこの中高年の女性が、かぶれやかゆみを引き起こす膣炎などの炎症を起こしにくくする予防的な役割もあるようです。現に脱毛サロンでは40代以上の女性を多く見かけるようになったので、以前よりも抵抗感を保つことなく施術に通えるのは大きなメリットですね。