【テラフォーマーズ】最新刊発売日21巻/2018年8月17日発売予定

人類とゴキブリの戦いについて、多くの人と人同士の戦いはあったものの、この対決は斬新であると感じました。対決といっても戦国時代のようなものでは少しちがく、とても面白い観点から、描かれています。しかも虫といえども人を殺してしまうので、そんなに弱いものではなく、また力を多く持っているので、非常に面白い存在であると感じます。

そのため従来、人々の間に持っていた虫は小さくて弱いものという考え方から人類の生命を脅かしたり、知恵を使って淘汰していく力を持っている集団であると様変わりしてしまう現代の複雑多岐な様子を描いていると感じます。

現代の社会はストレスや多くのものであふれかえり精神的な充足感を得にくいと考えられ、非常に恐ろしいものであると感じられます。そのため虫のほうも今まで虐げられてきた分、その仕返しに人類に刃を向けてくる様がとても厳しいと感じられます。

非常にハードワークに苛まれていくなか、心的な部分でとてもきついことが続くのではと予想され、とても厳しいことが続くのではと漫画ながらも示唆をしていると感じられます。とても多岐、かつ思索に富んだストーリーで、興味のある方は読んでみる価値があるのではと感じます。

テラフォーマーズ 最新刊発売日

21巻 2018年 8月17日発売予定

テラフォーマーズ 現在の最新刊

2017年2月17日に発売されました

テラフォーマーズ ファンの口コミ

最初は単純に人類とゴキブリが戦う話かと思っていましたが、実際はそんなものではありませんでした。いろいろな人物のいろいろな思惑が入り乱れた、たいへん読み応えのある作品でした。子供というよりも大人向きの作品だと思います。 特に暫く漫画から離れてしまった大人には是非読んでもらいたいです。漫画の面白さを思い出させてもらえると思います。 是非まだ読んでいない方には読んでもらいたい作品です。
人型に進化したゴキブリと戦うという斬新な漫画。初めて読んだ時はビビったけど、人型ゴキブリに対抗するために虫や動物の力を得た人間たちと人型ゴキブリ(テラフォーマーズ)の戦いは熱い!オオスズメバチやデンキウナギ、アシダカグモなど、様々な種類の生き物の生態を活かしたバトルが見れられるのが魅力。生理的嫌悪感のあるゴキブリを倒すというカタルシスはゾンビ漫画に近いところがあるかもしれないが、テラフォーマーズのゴキブリはゾンビなんかより余程強く、毎回衝撃的な展開が起こる。
テラフォーマーズはアニメ化、映画化されている超人気漫画です。実験用に火星に放ったゴキブリが尋常じゃなく進化してしまい、知性を持ってしまった。それを駆除し、実験サンプルとして入手しようというのが大まかな流れです。見所はやはり人の形をしたようなゴキブリと、なんらかの生物の特殊能力を持った人間が戦うところだと思います。例えば蚕のような糸を出したり、スカンクのような臭いガスを発したり。なによりそれらの動物の説明が知識を増やしてくるところも面白いです。