【車を下取りに出せない】車検証の所有者変更をしていない

ある外車専門のディーラーよりドイツ車を購入することになり価格も高いことから現金では無理であったためローン(36回払い)となり3年間車に大きなトラブルもなくローンが終了しました。結構な頻度でディーラーに行き来していましたが、私が転勤になり、そこから1年間ぐらいディーラーにいけませんででした。

そして、3年が過ぎローンを返済を終わりディーラーの事もあまり気にしなくなったある日欲しかった新車が発表されました。貯金もある程度たまり余裕が出てきたところでもあり新車をディーラーで購入することになりました。

契約の交渉に入り現在所有している車(中古車)を下取りし残金を現金で支払うことに決定しました。その手続きの中で担当者より現在の車のローン残債はないかとの確認依頼がありました。ローンは返済済みなので問題ないと回答すると

「車検証の所有者変更は実施済みですか?」

との再度確認依頼がありました。

思い返すと1年ぐらい連絡を取っていないことを思い出しました。その旨担当者に回答すると、新車ディーラーで手続きを行うので(ディーラー名)、(所在地)、(連絡電話番号)をとのことでした。

内心、最近出向いてもおらずまた、連絡もしていないので不安はありましたがまさかそんなことはないだろう!と思っていましたが、その不安は的中。ディーラーより連絡があり、該当の車屋は倒産したのか住所には存在はなく連絡も取れないとのこと。

このままでは、下取りができないため新車は全て現金での支払いとなるとのこと。頭の中が真っ白になりました。下取りの査定額が300万だったのでそれを全て現金となると無理な状態なのです。

色々相談し結局新車購入をあきらめざるを得ませんでした。ただ新車を購入しなくても現在の車の名義を私に変更するのはなんとしてもやらなければなりません。

最終的に弁護士さんに相談し裁判を起こし(公示送達)陸運事務所で名義を変更することができました。この処理に数十万を費やしました。

そもそも、私の知識不足のためこのような結果になったのはそのとおりです。
ローン返済完了後の所有者変更のことをすっかり忘れていて新車購入時に初めて気がついたのです。
このこと以来私は中古車を購入はしていませんが、車購入(ローンにて)の際には返済後の名義をすみやかに変更することまた、購入したディーラーとはたえずコニュニケーションを取るように心がけ、倒産等の事態に速やかに対応できるように対策しておくことが一番大事なことであると考えます。

車の所有者変更とは?

車検証

車検証の『所有者』の名前が自分じゃない!?なんで?

オレの車なのに、所有者が自分はないってどういう事だ?(怒り)
私の車なのに、所有者が私じゃない。。大丈夫なの?(不安)

あなたは自分の車の車検証をちゃんと見た事があるでしょうか?
自分の車のハズなのに所有者が別の名義になっている事があります。この状態でこのまま乗っていても大丈夫なんでしょうか?

結論から言うと 普通に乗る分には『使用者』の欄があなたの名前になっていれば問題ありません。

普段 乗る事に対して重要なのは【所有者】の名前よりも【使用者】の名前が重要です。
この名前の方に対して税金などが掛かって来ますので使用者があなたの名前であれば問題ありません。

ですから普通にこれまで通り乗る分には何も慌てる必要はありません。

何で所有者の名前が違うの?

そもそも、何でこの使用者と所有者が違う というケースがあるのかというと、
多くケースが『ローン』購入された場合、所有者が別の名義になる事があります。

ローン会社や銀行であったり、車の販売店であったりします。

ローンで購入する場合、厳密に言うと、『支払い終えるまで自分の車ではない』という事です。

それは何故かというと、車自体が担保になっているからです。

あなたはクレジットカードのキャッシングや銀行のフリーローン、消費者金融などでお金を借りた事ありますか?

借りた事がある方は分かると思いますが、金利はどれも10%以上がほとんどです。それに比べて車の金利というのは金融機関にもよりますが一桁台です。これは、『車』自体が担保になっている為に安い金利で借りる事が可能となるわけです。

クレジット会社や銀行からローンの条件として、所有者をクレジット会社や銀行や販売店にする事でローンOKというような事もあります。

ローンが終了すれば所有者名義は自分の名前に変更できます。

ローンは返し終わったのに自分名義になっていない!!

ローンの返済が終了したからと言って、自動的に自分の名義になる事はありません。

ローンの返済が終了したら『完済証明』が届くはずですので、それを持って販売店に持って行けば所有者変更の手続きをしてもらえると思います。

※何で購入した先の車販売店が自動でやってくれないのか!?

クレジット会社や銀行からお金を借りて車を購入した場合、実は、もうそれ以降の詳しい情報は車屋さんは分かりません。

これよくあるんですが、販売店に『ローンはあと何回残っている?』と聞かれる事がありますが、詳しい情報は個人情報になるので、クレジット会社や銀行も車販売店に教えてくれないのです。

もちろん、最初に組んだ情報は残っていますが、それ以降の詳しい情報は銀行・クレジット会社とお客様とのやり取りになるので残債や回数や支払いの事は直接ローンを組んだ銀行やクレジット会社に連絡するようにしましょう。

所有者が違うと何が問題なの?!

さて、所有者の名前が違っても普通に使用する分には何も困る事はありません。

じゃあ 何が問題になるかというと、

『売却』する時に困ります。

所有者が自分ではないと、売る時にその所有者の許可が必要になるわけです。

所有者の名前が銀行・クレジット会社・車販売店の名前の場合

ここで先ほどの話に繋がってくるのですが、ローンが残っている場合 この許可が下りない という事になります。
だから、勝手に売る事ができないのです。

ローンや売掛金が残っていない場合は【譲渡証】を発行して貰えば車を売る事が可能になります。

ローンが残っている⇒譲渡証を出してくれない⇒だから売れない

という事になります。

ローンが残っている車を売りたいんだけどどうすればいい?

さて、ローンが残っていると車が売れない仕組みは分かっていただけたでしょうか?

ですから、どうしても売りたければ残っているローンを何とかする必要があります。
ローンを全部支払ってしまえば売るのは自由ですからね。

方法は3つあります

 ・現金でローン残債を一括で支払い車を売る

現金で支払って、残債が0になれば売るのは全然問題ありません。

 ・車の売却手続きを行って、買取査定が残債を上回った場合

ローンの支払いに充当して、残った分を現金で貰えます。

 ・車の売却手続きを行って、買取査定が残債を下回った場合

差額分を現金で支払うか、買取店によっては新たにローンが組める場合があります。

ローンが残っている車を売りたい場合この3パターンのどれかになります。

もし、どうしても手放したくて、買取額が残債を下回った場合は買取店に残った残債をローンに組めるか聞いてみましょう。
大手の買取店の場合、専用のローンが用意されています。

★注意★

たまに、「車のローンは今のまま支払い続けて、車は売りたいんですけど」というお客様がいらっしゃいますが、残念ながらそれはできません。

車売却・下取りの参考記事

【ディーラー下取り価格が安い】1番高く売る!おすすめ車買取一括査定
車の買い替えを検討中、 ディーラーで今乗っている車の下取り査定をしてもらったけど、思ったよりずっと安かった… そんな時は...
【匿名で車査定】登録なしで車の買取相場を調べる方法
私の愛車いくらで売れるんだろう? 今度の車検時期に車を買い換える予定だけど、今乗っている車がいくらくらいで下取りしてく...
車の下取金額を【車査定サイト】を使って現金で貰う方法
『新しく車を買い替えるけど、下取りは現金で欲しい!』 通常であれば、車を買い替える時は今乗っている車をディーラーで下取...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする