【住み替え】今の家やマンションは先に売却?住宅ローンはどうなる?

この記事では住み替える場合の住宅ローンについて解説したいと思います。

・マンションから新しく購入して戸建てに引っ越したいけど住宅ローンはどうなるの?
・住み替える予定だけど、今の家が売却できないと新たに住宅ローンは組めないの?

このような方の参考になれば幸いです。

住み替えの住宅ローン

今の家 買い手が付く前に新たにローンは組めますか?

結論:買い手がつく前にローンを組む事は可能です。

マイホーム購入にあたって、頭金を貯め、ローンを組み、やっとの思いで念願のマイホームを購入されたと思います。念願のマイホームを購入する時に学区や商業施設、最寄り駅、交通の便などを調べて購入すると思いますが、周りの住民などの事までは調べる人は中々少ないと思います。 もしマイホーム購入後、周りの住民となんらかの事情で揉めてしまったり、他、転勤や、マンションを購入したけれど、一戸建てが良い。などなんらの諸事情でローンが残っている状態で買い替えが必要になってしまったとします。

 

そのような時に活用していきたいのが「買い替えローン」です

住宅ローンが残っている状態でも新しく組める「買い替えローン」

買い替えローンとは一言で言うと、現在の不動産を売却して売却金をローンに充当させ完済し、新たにローンを組むことを言います。ただし、住居の老朽化や土地の評価額などが下がり、不動産売却額よりもローン負債が多い場合の事をオーバーローンと言います。その場合、負債金を新たにローンを組む事も可能です。

 

また、買い替えローンを組む際には「タイミング」が非常に重要です。不動産の買い替えで最も重要なのがタイミングです。そのタイミングとは購入と売却になります。今の住居の売却が決まり、次の新居への住み替えが決定している流れが一番最良だと思いますが、購入に関しては買い替えローンはいくらまで可能か?などの資金計画を充分にする必要があります。

 

売却に関しては、売却したいと思っても思うように売却が決まらなかったり、売却金が希望額に届かなかったり、オーバーローンになったりすることもあります。そうならない為にはある程度の余裕を持って売却する事が大切です。また、買い替えローンを組むにあたり、現在の住居に3年以上居住していないと利用できないケースもありますので、金融機関ご利用条件をお確かめください。

 

新しい住居の買い替え「メリット」「デメリット」

買い替えのメリット

買い替えローンのメリットとは?
大きく分けて3つあります。
1、これは言うまでもないですが、新しい住居に入居出来るという点です。
2、生活環境が変わる
3、低金利でのローンの借り換えが出来る可能性が高い。
(ローンを組むときに現在の住宅ローンの金利を銀行担当員に言いましょう。 下がる可能性が高いです。銀行も複数行くとより効果的です。

買い替えのデメリット

買い替えローンのデメリットとは?
大きく分けて2つあります。
1、オーバーローンの場合、その負債を新たにローンを組むことからローンが二重ローンとなる。
2、売却までに時間がかかる。(2週間~)
(不動産会社に売却する場合、2週間~4週間で売却完了しますが、その分価格は安くなってしまいます。時間があるならば自分の希望金額で募集し、じっくり待つという方法をおすすめ致します。)

 

まとめ

一言で言うとタイミングと資金計画がしっかり出来ていれば買い替えローンは有効な手段です。どうしても直ぐに住居を移さなければならない理由があり、買い替えローンを組む際は充分に資金計画をしましょう。資金計画は常に最悪なことを考え、おこないましょう。

例えば、住居も売却出来ず、オーバーローンでその負債のローンと、新たな住居のローンの2重ローンとなった場合も想定しましょう。また、住居を売却する際は住居を綺麗にしておくことも大切です。物がある場合移したり、少しでも綺麗に掃除したりする事を心がけましょう。