携帯会社はどこがいい?【格安スマホSIM】MVNO/おすすめと選び方


以前は携帯会社といえばキャリアと呼ばれるドコモ・AU・ソフトバンクで携帯やスマートフォンを契約するのが主流でした。

毎月の料金はとても高く、一人1万円以上は当たり前という時代がありました。それから数年して通話定額プランなどが登場して料金が下がって来ましたが、それでも平均で8千円程 毎月の通信料がかかっていました。

しかし、数年前に「格安SIM」が登場してから、格安SIMに変更するとその毎月支払っていた8千円以上の通信費は一気に1~3千円台まで下げる事ができるようになりました。

料金が下がることは私たちユーザーにとって、とても喜ばしい事です。

ですが、この「格安SIM」というのは一長一短なのです。

その事を知らずに、料金が下がるから!とよく考えずに、契約してしまうと大失敗をする事になってしまいます。

そうならない為にも、しっかりと格安SIMのメリット・デメリットを理解して、格安SIMの契約への参考になればと思います。

単に料金が下がるだけではない!ちゃんと知らないと失敗する格安スマホ(SIM)

「キャリアスマホから格安SIMに変更した方からのクレームが大変多い」というニュースを耳にし事はないでしょうか?

実際 そのようなクレームが多い という事がニュースで流れた事がありました。

それらのクレームを出された方のほとんどが単に料金が安くなるだけ と思い込んで契約した事が原因です。

確かに料金は下がります。これは間違いありません。

ですが、料金が安くなるには当然、安くなる理由があるのです。

これまでドコモ・AU・ソフトバンクといったキャリアと呼ばれる大手携帯会社は、自社で回線を持ち、端末の販売からサポートまで行ってきました。

当然、顧客が多ければ多いほど、会社として拡大していかなくはなく、回線のインフラ工事はもちろん、店舗や従業員の数など増やさなければいけません。

それはもちろん、私たちが使用する携帯・スマホの使用料金に転嫁されてきます。ですからキャリアのスマホ料金はとても高いのです。

しかし、その料金の高さは「安心サポート」と言い換えることができます。

大手キャリアにはそれまで築いて来た通信回線や店舗や社員があります。

ある程度人口が多い街ならば必ずと言って良いほど「ショップ」が存在しますよね。携帯が調子悪ければお店に行って見てもらったりされた事がある経験は1度や2度ではないでしょう。

確かに料金は高いかもしれませんが、料金を気にされない方で通信端末に詳しくない という方なら、ドコモ・AU・ソフトバンクなどを利用された方が良いでしょう。

では、MVNOはどうでしょうか。

MVNOとは格安SIMを取り扱う会社の事です。

MVNOで契約する格安SIMがなぜ安いかというと、回線を自社で持たずにキャリアから借りて、店舗を(なるべく)持たずに、ネット上で販売や契約を行う事で経費を掛けないようにしているからです。

回線をドコモやAUなどから借りて運営しているので、初期投資がかからない・店舗が無い(少ない)から家賃や人件費などのコストの少ない

だからその分、料金が安くなるのです。

これが格安SIMの【メリット】でもあり、【デメリット】でもあります。

ですから、単にキャリアスマホのサポートそのまま料金が安くなると思っているのであれば、
格安SIMを契約するのは止めておいた方が良いでしょう。

キャリアスマホには必要ない料金をたくさん払っている?

ではキャリアスマホの方が良いの?

と言われたら、「サービス面やサポート面ではもちろんキャリアスマホの方が良いでしょう」

と言わざる得ません。

ですが、料金面と天秤に掛ければ、もっと良い方法(格安SIM・プラン等)がある と言えます。

私のイメージでは、キャリアの料金は【10人いたら10人をカバーできるサービス】です。

ですが、10人いたら10人 同じ使い方な訳が無いですよね。

例えば、

【ネットを多く使う人】

キャリアスマホでもこれくらいのカテゴライズはできますが、ネットを多く使う人でもいろいろな方がいますよね?

・Youtubeなどの動画をたくさん視る方
・SNSをたくさんする方
・音楽を聴くのが好きな方
・VODが好きな方

逆に、ネットを全然使わない方もいます。
・家族との連絡くらいしか使わない方
・ほとんど使う事はないけど一応自分の連絡先としてスマホを所有していたい方
・自宅のwifiがあるからそんなにデータ量必要ない。

などなど。

これまでは、どんな方もキャリアスマホという選択肢の中で選んできましたが、そこには多くの不要な料金を払って来ていると思います。

例えば、主婦の方で多いのが

「家族としかほとんど使わない、一応自分の連絡先としてスマホを持っておきたい」

という方は大変多いと思います。

そんな方でもこれまではキャリアスマホで月に何千円も払ってきた方は多いでしょう。

ですが、格安SIMでそういう方に合ったプランを探せば、月々千円以下でスマホを持っている事が可能です。

自宅にwifiがあり、自宅にいる事が多い。外ではネットをしない

このような方は、連絡はLINEなどの無料アプリで済ませれる事で通信費は驚く程安くする事ができます。

格安SIMに変更するというのは、ただただ料金を安くするという事ではなく、

>自分に合ったプランを探す事で、不要な料金を払わない事

こういう事ではないかと私は思います。

格安SIMの選び方

では、格安SIMのメリット・デメリットを理解した上で格安SIMにすることを選んだのであれば、
次は選び方について一緒に考えていきましょう。

通話について考える

まずそもそもですが、
格安SIMはネット通信はお得ですが、通話はお得ではなく、通話料金だけをみればキャリアスマホより割高になります。

最近では【かけ放題】プランもいろいろ出てきましたが、キャリアスマホのそれみたいにどれだけかけてもかけ放題というようなものではなく、「5分かけ放題」「10分かけ放題」というのが主流です。

長電話をよくされる方にはおすすめできず、短い電話を何度もされる方に向いていると言えます。

但し、これは通常の電話通信のことであり、LINEなど無料アプリの通話は問題なく使えるので、それで長電話をされる方には関係ありません。

月間のデータ使用量について考える

次にネットのデータ量がどのくらい必要かを考えると良いでしょう。
ここで考えるデータ使用量は自宅などのwifiでインターネットに繋ぐのは含まれません。

あくまでもそれ以外での通信です。

・全く必要ない
・3Gもあれば十分
・6G以上必要
・無制限で使いたい

ざっくり言うと、このような感じです。
このどれを選ぶか考えるとよいでしょう。

・全く必要ない

「全く必要ない」なんて無理でしょ!メールも出来ないのは困る!と思われるかもしれませんが大丈夫です。
実は、格安SIMはデータプランを選ばなくてもインターネットは可能なのです。但し低速です。

これがどのくらいの速さかというと200kbpsです。

データを使い切った場合や、データプランを付けてない場合、200kbpsの低速状態になります。

キャリアスマホが通信制限状態になった場合128kbpsですが、格安SIMだとそれよりも速いスピードがでます。これは格安SIMのメリットの一つです。

200kbpsという速度はLINEなどのアプリで通話などは問題なく使用できるスピードです。動画などはさすがに無理ですが、サイトの閲覧などもギリギリ可能です。

全くネットをされない方や、自宅のwifiでほとんど事足りる方はデータを付けなくても大丈夫かもしれません。

ただ、1Gプランを付けても100~200円プラスになるくらいが相場なので付けておいた方が良いと思います。
普段は、そのデータ消費をOFFにしておけば、データ量を消費せずに低速モードで使用する事も可能です。

・3Gもあれば大丈夫

一番人気のプランです。もっともスタンダードなプランです。
【電話が使える音声通話+データ3G】この組み合わせが1番多く契約されています。

相場は月に1600円前後となります。

この3Gくらいまでがお手頃価格に設定されているのですが、この次の「5G」とか「6G」になるとちょっと割高になってきます。といっても2千円代前半とキャリアに比べれば格安ですが。

6G以上必要になると料金面から無制限プランも視野に入ってくるラインになるので、その辺りが境界ラインです。

・6G以上必要?それとも無制限プラン?

6G以上になると3Gまでと比べてちょっと割高感があります。というよりも3Gまでがお得に設定されているという事なのでしょうが。
6G以上になると料金が2千円を越えてきます。そうなると今度は2千円後半で使える無制限プランが視野に入ってくるので、そこまで考える必要があるかもしれません。
数百円を節約して6Gを選ぶのか?、それとも数百円多く払って無制限プランがある格安SIMを選ぶのか?

というような感じになります。

個人的には無制限プランをオススメします。

結論・高速通信は全く必要なくても1G~3Gまではお手頃価格なので付ける事をおすすめ
・3G足0りないのであれば、いっそのこと無制限プランに!

20G、30GというプランがあるMVNOもありますが、そのプランに4千円も5千円も払うのであれば、個人的には高速通信のモバイルルーターを契約した方が良いと思います。

スマホは格安SIMで一番安いプランを選んで、ネットにつなぐ時はモバイルルーターで通信する。
モバイルルーターは月間使い放題でも月々3千円代で契約できますので、格安スマホと合わせても5千円もかかりません。

モバイルルーターならスマホに限定する事なく、色々な端末をwifiで通信できますのでそっちの方がコスパが良くなると思います。

【格安スマホ】おすすめ会社2017/厳選13選

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天株式会社が提供しているMVNOモバイル通信サービスで、格安SIMサービスのひとつです。格安SIMサービスも数が増えつつありますが、楽天モバイルには、楽天が提供しているからこそのお得なメリットがたくさんあります。

これから格安SIMに乗り換えようと思っている方、どの格安SIMを選べばいいのか迷っている方のために、以下では楽天モバイルの特徴と、楽天モバイルに乗り換えるべき人について解説したいと思います。

⇒続きはコチラ 楽天モバイル3つの特徴

楽天モバイル【キャンペーン情報】2018年2月/人気のSIMフリー端末がお得に!
楽天モバイル 2月のキャンペーン 楽天モバイルでは、1月のキャンペーンとして、「冬トクキャンペーン」、「GRANBEA...

UQモバイル

UQモバイルは大手通信会社のauの100%子会社の有名な格安SIMを提供しているMVNOです。
主に魅力的に公開しているのは「電話も通信もコミコミ」で通話は毎日するし、SNSやネット検索もよくするという方にとても使い勝手の良い通信会社で、シンプルな2つのぷらんが設定sれており、共に好みのデータ量の選択が可能で、より低価格を幅広い層に向けて発信した魅力的なMVNOです。データ通信には、auの通信網を利用できるので、もちろん4GLTEにも対応、データ通信速度も高いと評判でもあり、「格安SIMサービス顧客満足度第一位」を獲得しているとても説得力のあるUQモバイル。
ぜひ大手通信会社を利用している方なら、今と同じ内容でよりあなたにあった低価格を実現してくれますので、大変おすすめな格安SIM会社になります。⇒続きはコチラ UQモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【UQモバイル】2018年2月のキャンペーン
UQモバイル 2018年2月のキャンペーン解説 UQモバイルで2月に開催しているキャンペーンについて紹介を...

U-mobile

U-mobileとは株式会社U-NEXTという東証一部上場企業が提供する格安SIMによるサービスを提供している会社です。実はこの会社、元々はあのUSENの一事業部だったのですが、企業として独立し、エンターテイメントに関わるオンデマンドサービスを主軸として展開しています。U-NEXTと聞くとご存知の方もいるのではないかと思いますが、日本最大級の動画配信サービス提供会社です。ですので、U-mobileは格安SIMとエンターテイメントを融合したサービスを提供しているのが大きな特徴です。

⇒続きはコチラ U-mobile3つの特徴

格安スマホSIM【U-mobileユーモバイル】キャンペーン/LTE使い放題プラン・料金・契約申し込み
⇒U-MOBILE公式サイトはコチラ U-mobileとは株式会社U-NEXTという東証一部上場企業が提供する格安SI...

DMMモバイル

DMMモバイルは、株式会社DMM.comが提供している格安SIMサービスです。DMMというと聞き覚えのある方もいるかと思いますが、全国CMを放映している会社です。格安SIMだけではなく、電子書籍やDVDのレンタルサービス、英会話等と幅広いジャンルでさまざまなサービスを提供しています。⇒続きはコチラ DMMモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【DMMモバイル】キャンペーン情報/2018年2月
DMMモバイル 2018年2月キャンペーン情報 DMMモバイルでは2/6までのキャンペーンとして節約応援キャンペーンを開催して...

LINEモバイル

LINEモバイルはあの日本大手企業に最近なったLINEが提供するMVNOです。格安SIMや格安通信業者は最近有名ですよね。そうなんです!LINEモバイルが参入し、格安SIMを導入したことで、この業界はまた一層激化しております。なぜか、それは日本人の人口が1億人に対してソーシャルアプリ「LINE」を利用している人口が約半分の5000千万人と言われており、このLINEモバイルはLINEのデータ通信量が無制限で利用できるのです。なので、格安MVNO業界は大変激化しているのです。
その中で、LINEモバイルは格安での通信データの提供と様々な特徴のデータ通信プランを完備しており、LINEやTwitter、Facebookなどのソーシャルアプリのデータ通信量が無制限に利用できるプランが一番の魅力です。⇒続きはコチラ LINEモバイル3つの特徴https://strongpoint-ch.com/linemobile/

QTモバイル

QTモバイルは株式会社QTnetという会社が運営している格安SIMの取り扱い企業です。母体は九州電力株式会社で、地元を中心として、情報通信サービスに力を入れてきました。モバイルサービスの提供を開始したのは2017年の3月からと、まだ日が浅いですが、基盤のしっかりしている電力会社を後ろ盾にユーザニーズに柔軟に答えられるようなプランを提供しています。⇒続きはコチラ QTモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【QTモバイル】キャンペーン最新情報2018年2月/スタート割・おともだち紹介キャンペーン
QTモバイル BBIQ 2018年2月キャンペーン情報 QTモバイルでは、2月現在「スタート割」と「おともだち紹介...

みおふぉん

みおふぉんは株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMサービスです。この株式会社インターネットイニシアティブは1992年の設立以来、インターネット通信事業を主軸としてサービスを提供しており、2006年に東京証券取引所一部上場を果たしている信頼のある会社です。この会社で提供しているみおふぉん、格安SIMアワードと呼ばれる格安SIMサービスを対象とした顧客による満足度調査で、2016年度に「総合満足度部門」、「ブランドイメージ部門」、「プリペイドSIM部門」で最優秀の評価を受けた実績があります。また、2015年度も同アワードで「総合満足度部門」1位を獲得しており、利用ユーザからの満足度は非常に高く、高品質なサービスを提供しています。

⇒続きはコチラ みおふぉん3つの特徴

格安スマホSIM【みおふぉん】キャンペーン/2018年2月
みおふぉん 2018年2月のキャンペーン みおふぉんでは2月のキャンペーンとして「ウィンターセール」と「音声でもデ...

ビッグローブモバイル

BIGLOBEモバイルはビッグローブ株式会社が提供する格安SIMサービスです。GIGLOBEと聞くとプロバイダ事業として有名だと思いますが、MVNO事業にも参画しており、高品質のサービスを提供しています。KDDIグループということもあり、安心できるMVNO事業者です。2017年に入り、「国内MVNO利用状況調査」ではお客様総合満足度トップに輝き、「MVNO格安SIMの市場動向調査」ではデータ通信の品質・安定性で2年連続の満足度トップとなっています。こういったことからも高品質のサービスを提供していて、満足度も高い事が伺えます。

⇒続きはコチラ ビッグローブモバイル3つの特徴

【BIGLOBEビッグローブ】WiMAXの詳細/キャンペーン
ギガ放題プラン 1~2ヶ月目まで3,695円 3ヶ月目以降 月額4,380円 最安値プ...

OCNモバイル

OCNモバイルは言わずと知れたNTTコミュニケーションズが提供している格安SIMサービスです。OCNはNTTグループ企業としてインターネットプロバイダ事業を長年にわたり運営しており、国内では最大規模です。そのOCNがモバイル端末向けの格安SIMサービスをOCNモバイルとしてサービス提供しています。母体がNTTということもあり、安心・安全・高品質なサービスを受ける事ができます。⇒続きはコチラ OCN3つの特徴

格安スマホ【OCNモバイル】キャンペーン
OCNモバイルは言わずと知れたNTTコミュニケーションズが提供している格安SIMサービスです。OCNはNTTグループ企業としてインタ...

イオンモバイル

イオンモバイルは、言わずと知れたイオンリテール株式会社が提供している格安SIMサービスです。イオンの店舗は全国各地に展開しており、各店舗でサポートを受けたりすることもできます。2017年上半期の格安SIMアワードではコストパフォーマンス部門で優秀賞を受賞しており、価格を重視したサービス提供を行っています。現在では端末の貸し出しサービスとして、スマートフォンを1週間貸し出し、操作性を判断してもらう為のサービス等も開始ており、通信速度やパフォーマンスを契約前に確認することができます。⇒続きはコチラ イオンモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【イオンモバイル】キャンペーン最新情報/2018年2月
イオンモバイル 2018年2月のキャンペーン イオンモバイルでは2月現在「イオンモバイルご紹介CAMPAIGN」、...

TONEモバイル

TONEモバイルはTSUTAYAが提供している格安モバイルサービスのことです。TSUTAYAと聞くとレンタルショップを思い浮かべると思いますが、そのTSUTAYAがサービスを提供しています。主なターゲットは子供やシニア世代としています。他の格安SIM会社は支払料金に対する通信速度や通信料を売りにしてスマートフォンコアユーザをターゲットとして提供しています。一方でTONEモバイルは安全性やサポートを売りにして子供やシニア層をターゲットとしたサービスを提供しています。

⇒続きはコチラ TONEモバイル3つの特徴

TSUTAYAツタヤの格安スマホ【TONEモバイル】
TONEモバイルはTSUTAYAが提供している格安モバイルサービスのことです。TSUTAYAと聞くとレンタルショップを思い浮かべると思い...

スマモバ

スマモバはスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社という所が提供している、格安SIMサービスです。この会社、平成19年に設立されて以降、約10年に渡り通信事業を行っています。2016年以降は特に実店舗を多く展開しており、WEBだけでなく店頭でのサポートを受けられる等、勢いのあるmvno会社です。⇒続きはコチラ スマモバ3つの特徴

【スマモバ】格安スマホ・SIM/キャンペーン
スマモバはスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社という所が提供している、格安SIMサービスです。この会社、平成19年に設立され...

LIBMO

LIBMOは株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。このTOKAIコミュニケーションズはTOKAIホールディングスのグループ会社で、同グループには東海ガスもいます。社会インフラを整備する程のグループともあってTOKAIコミュニケーションズの歴史も古く、昭和の時代には前身の会社が設立されています。資本金も12億と規模としては大手ですので、しっかりとした財政基盤を持ち安心・安全のサービスを提供してくれる会社です。

⇒続きはコチラ LIBMO3つの特徴

【LIBMO】格安スマホ・SIM/キャンペーン
LIBMOは株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。このTOKAIコミュニケーションズはTOKAIホ...

スマホそのまま!格安スマホへ乗り換え

大手キャリアのスマホを使用している方の中で、格安スマホへの関心が高まっています。話題の格安スマホに乗り換えたい!と思っても、何から始めればいいのかわからなくて、戸惑っている方も多いでしょう。

大手キャリアから格安スマホに乗り換えるときは、格安simの回線を確認してください。格安スマホに搭載されている「格安sim」は、ドコモ・ソフトバンク・auの、いずれかの回線を借りて使用しています。したがって、前のスマホと違う回線の格安スマホには、機種変更できません。

例えば、前に使っていスマホがドコモの回線としましょう。このとき、乗り換えが可能な格安スマホは、ドコモの回線を借りているsimを搭載しているものとなります。希望している端末の回線が、手持ちのスマホのキャリアと対応しているか。必ず確認して、機種変更手続きを行ってください。

回線を確認したら「MNP予約番号」を発行します。MNPとは、ナンバーポータビリティという意味です。キャリアが変わっても、携帯電話(スマホ)の番号をそのまま使える制度のことですよ。大手キャリア3社から格安スマホに乗り換えるときは、MNP予約番号が必ず必要です。格安スマホの場合は、音声通話(電話)機能が必ずついてくるわけではありません。場合によってはデータ通信に限定することも可能です。

とはいえ、スマホ市場は大手キャリアが大半を占めており、ユーザーも大手キャリアが多いのが事実。ラインなど無料通話アプリが登場したとはいえ、音声通話を利用する人はまだ多いものです。大手キャリアからの乗り換えプランも、MNPが必要な音声通話対応が主流です。なので、MNP予約番号がなければ、格安スマホへの乗り換えはできないと考えてください。

MNP予約番号を発行するためには、手数料がかかります。料金はドコモとauが2000円、ソフトバンクが3000円です。MNP予約番号は、発行してから15日間が有効期限です。この期間を過ぎると、新たなMNP予約番号を発行する必要があるので気を付けましょう。格安スマホに乗り換えるときは、発行したMNP予約番号の有効期限がある程度残っていることが条件です。7~10日程度残っていることを条件にしている格安キャリアが多いので、有効期限ぎりぎりになってキャリアチェンジ!というのはできません。

MNP予約番号の発行は、各キャリアの店舗やホームページ、電話からも行えます。自分の好きな方法で、MNP予約番号を発行してください。MNP予約番号を受け取ったら、乗り換え手続きを開始します。ここからは各キャリアで違いがあるので、個別に説明しますね。

ドコモから格安スマホへ乗り換え

ドコモの場合、simカードのみを格安にして、端末は以前のものをそのまま使うことが可能です。もちろん、端末ごと格安スマホにすることも可能ですよ。希望に応じてsimカードのみを購入するか、端末とsimカードをセットで購入するかを選んでください。機種変更手続きを済ませてから、格安simカード・スマホが届くまでは時間がかかります。実際に切り替えを申請するのは、新たなsimカードやスマホが届いてからとなります。切り替え手続きが終われば、格安simへの乗り換えが完了します。

【ドコモから乗り換え】1番人気の格安スマホはココ!/乗り換え手順も解説
この記事ではドコモからの格安SIMに乗り換えでおすすめのMVNOをご紹介します。 「今使っているドコモのスマホから格安...

ドコモから乗り換え

AUから格安スマホへ乗り換え

auの場合も、基本手順はドコモと同じです。simカードのみを格安にするか、端末も一緒に乗り換えるか。どちらでも好きなほうを選べます。ただし、格安simの回線がauのものであることが条件です。また、auの端末をそのまま使うときは、回線がLTEに対応していることを確認してください。

【AUから乗り換え】1番人気の格安スマホSIM/手続きの流れ解説
この記事ではAUからの格安SIMに乗り換えでおすすめのMVNOをご紹介します。 「今使っているAUから格安SIMに乗り...

AUから乗り換え

ソフトバンクから格安スマホへ乗り換え

ソフトバンクの場合は、ほかの2社と少し異なります。それは、格安simと端末をセットで購入する点です。ソフトバンクは、ほかの2社と比べるとsimロック解除ができる端末が少ないのが特徴。simロックとは、simカードと携帯電話の製造元を一緒にする決まり事です。大手キャリアから格安スマホに乗り換えるときは、このsimロックを解除しなくてはなりません。

格安simは大手キャリアから回線を借りているのですが、ソフトバンクの回線を使っているキャリアは少ないのが現状です。したがって、ソフトバンクの端末のままでは、格安simを使えないことが多いのです。端末とsimカードをセットで購入するのは、このような理由があるからなんですよ。
大手キャリアから格安スマホに乗り換えるには、いくつかの手続きが必要です。あらかじめチェックして、スムーズに乗り換えができるようにしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする