格安スマホとは?※はじめての格安スマホ


数年前まではスマホといえば、【ドコモ】【AU】【ソフトバンク】の3社の中から契約するのが一般的でしたが、ほんの10年程前、今考えればあの頃の通信費はとんでもなく高く、一人月で1万円を越すのは当然というか普通といえました。

しかし、格安スマホが登場したことによって、その高かった通信費も抑えられるようになり、今ではスマホを持つだけならス数百円でも可能です。

では、その格安スマホとはいったいどのようなモノなのか、解説していきたいと思います。

大丈夫なの?
怪しくない?

そう思いながらも、毎月の通信費に悩みながらもまだドコモやAUなどのキャリアで契約されている方は、是非この機会に格安スマホについて知って頂きたいと思います。

本来、「格安スマホ」というのは端末の事を指しますが、現在【格安sim】の事まで含めて【格安スマホ】と呼ばれる事が多く、検索される方の意図も端末の事ではない事の方が圧倒的に多いので、このサイトでも格安スマホ=格安simという意味でも使わせて頂きたいと思います。

格安スマホ(sim)とは?

格安スマホとは、ドコモやAU、ソフトバンクといったキャリアと呼ばれる3社ではなく、その3社から回線を借りて、主に端末の販売や契約のみを行っている業者で取り扱うスマートフォンの事です。

格安スマホの最大のメリットは、毎月の料金が圧倒的に安くなる

キャリアスマホの場合、平均すると7~9千円というのが相場であるのに対して、格安スマホの場合、1~4千円程になります。

そんなに安くて大丈夫なの?とても怪しい・・・

と思われる方も少なくないでしょう。

ですが、全然怪しくはなく逆にこれまでいかに高い料金を払ってきていたのか・・・と格安スマホに替えたらきっと思っていただけると思います。

ですが、「スマホがそんなに安くなるなら私も替える~」というノリで、何も考えずに変更されると必ず失敗します。

料金が安くなるには当然、安くなる理由が存在します。

それを知らずに料金が安くなるメリットばかりに目を向けて、【ただスマホの料金が安くなる】と勘違いされて契約された方が後々クレームを出している現実があります。

ちゃんと知って入れば、そのようなクレーマーにならずに済むのです。

ちゃんと知った上で、【格安スマホを選ぶ】のか、【キャリアのスマホを選ぶ】のか、、

そういった判断の材料にしていただくのがこの5ステップの目的です。

もちろん私も格安スマホを使っています。当然、デメリットも考慮した上で使っていて、納得し満足しています。

キャリアスマホと比較したら妻と二人で毎月1万3~4千円程、浮くようになったので、住宅ローンの返済に充てております。早期返済万歳!

大切なのは、格安スマホのデメリットをちゃんと知ることです。

次のステップではその格安スマホのデメリットについて解説したいと思います。


NEXT→格安スマホのデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする