スポーツカーをすぐに売って手放す人が多い理由

スポーツカー

スポーツカーを手放す人が多い理由・・・

これはまぁ、、想像通りだとは思いますが、、

やはり、『使い勝手が悪い』という一言に尽きるみたいです。

・1度は乗ってみたいスポーツカー
・独身のうちに!

こういった方でスポーツカーを購入される方は多いですが、2年持たずに手放される方が多いのが現状です。

【実例】CR-Zを売る 『下取』と『買取』であっさり『買取』が高かった話

その方はCR-Zが発売されてまだ間もなかった頃、独身のうちに1度はスポーツカーに乗ってみたい!

という事でCR-Zを購入されました。ガソリン代も高かった頃で、ハイブリッドというのにも惹かれたみたいです。

しかし、その方は普段の通勤車としても使うため、かなり日常的に乗ります。土地柄的にも車がないとコンビニにも行けないような感じなので日常的にスポーツカーに乗るのはかなり不便を感じて2年を持たずに乗り換える事にしました。

CR-Zは銀行からお金を借りてローンで支払っていました。

銀行やクレジット会社によりますが、こういう場合は、下取価格とローン残債の差額分を、新しい車のローンに上乗せして新しいローンを組み直す事が多いのですが、そのCR-Zを購入する時にお金を借りた銀行は、『一度 清算してください』という事でした。

幸い、下取価格とローン残債は同じくらいだったので、まぁ手出しもなくまぁ問題は無かったわけです。

で、その方は販売店ではなく、買取店でも買取査定を出して貰いました。

その買取店が出した1度目の査定額は、販売ディーラーの下取価格とほぼ同じ。

だったらまぁそのお店に出すメリットも無いので、
「じゃあ下取の方にお願いするので、、ありがとうございました」とお店の人に言ったら、、

あっさりと『では15万円プラスの125万円ではどうでしょうか?』という話になったみたいです。

最終的にはそのお店でCR-Zの買取をお願いして、新しいFITを最初のお世話になっているお店で購入されました。

販売店の下取はもともとMAXの下取価格をだしてたみたいだったので、下取価格は変わらず。

その方はネットの一括査定ではなく、地元の某有名買取専門店1社の査定だけだったのですが、1社の買取専門店の査定でも、それだけ上がるのですから、もしかしたら複数の買取会社で交渉したらもう少し買取価格は上がったかもしれませんね。

まとめ

・高く売るなら交渉せよ!
・1回目の値段は絶対にOKを出さない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする