【車の下取り】ディーラーで失敗しない方法は?

車の下取り価格はお店によって大きく異なる事をあなたはご存知だろうか?

同じ系列のディーラーでも店舗によって異なる事もあれば、同じ店舗でも査定した人によっても変わってくる事もある。

だから、仮に全く同じ車で同じような状態であっても、「高く売った人」と「安く売った人」が存在する。同じ車の下取りでも20万~30万円の違いが出てくる事もあるのだ。

全く何も知らずに大きく30万円以上損している人もいるが、言い換えるとこの事を知っているだけで30万円損せずに済むかもしれない

という事だ。

しかし、あなたは今このように思っていないだろうか?

「難しい交渉とかしないといけないんでしょ?」と。

そんな事はないので安心して欲しい。

簡単にできて損せずに車の下取りを最大限価格で売る為にするべき3つのポイント

多くの人が何も準備せずに販売ディーラーに新しい車を観に行き、営業マンと商談をして新車の購入価格も今乗っている車の下取り価格も決めてしまう人がいるが、これは絶対にNGだ。

理由は簡単、その下取り価格が高いか安いのか全然分からないからである。

これでは交渉する術がない。

例えば、その車の下取り価格の全国相場を知っているだけでも交渉の仕方が全然変わってくる。多くの場合、営業マンは相場より安い金額を提示してくるので、あなたが全国の相場を知っていれば自信を持って交渉できるハズである。

これらを踏まえて、3つのポイントをご紹介する。

  1. 車は必ず綺麗にしていく
  2. 【新車購入の値引き交渉】と 【下取り価格の交渉】は必ず別にする
  3. 車の一括査定をしておく

これらの3つである。この3つのポイントを守れば、まず「何も知らずに損をする」という事はなくなる。そして交渉次第では何もしない場合よりも20万円、30万円と差がでる事も十分有り得る。

だから必ずこの3つは実践して欲しい。

一つずつ説明しよう。

1 車は必ず綺麗にしていく

これは外の洗車は当然、中は掃除機をかけるまでは最低限やって欲しい。臭いも出来る限り取り除く事。タバコ・ペットの臭いは減点項目。

芳香剤などの『良い香り』というのは人によって異なる事を覚えておいて欲しい。あなたにとっては良い香りでも他の誰かにとっては嫌な臭い というのはよくある話である。理想は「無臭」である。

実は、車を綺麗に洗車をしたからといって「高く売れる」という訳ではない。ですが、見た目や臭いというのは必要以上にマイナス評価を受けやすい。だから不必要なマイナス評価を受けない為に絶対に車は綺麗にしておくべきである。

【査定士も人間】という事を忘れてはならない。

汚い車・臭い車 というのは粗探しから始まる査定になる事を覚えておくように。

2 【新車購入の値引き】と 【下取り価格】の交渉は必ず別に行う

車査定相場

商談時によくありがちなのだが、新車の値引き価格と下取り価格を混ぜて話をする営業マンがたくさんいる。
なぜこのような事をするのかというと、販売店も極力「値引きを抑えたい」「下取り価格を抑えたい」というのはお分かりいただけると思うが、新車の値引き額と下取り価格を一緒にする事で曖昧にし、あとは営業トークで話を持っていこうとするのである。

新車の値引き額に注視しているお客様には値引き額を多く見せ、
下取り価格を注視しているお客様には下取り価格を多く見せる

という事だ。最後に契約書で数字を合わせるような感じになる。

だから、営業マンの立場からすると新車の値引き交渉をした上で後から下取り車がある事を伝えられるのが一番厄介と言える。

3 ディーラーに行く前に車の一括査定を済ませておく

kurumanosatei

ディーラーに車を見に行く・商談をしに行く前に必ずネットの一括査定を済ませておく必要がある。車の一括査定サイトはどこでも良いわけではなく、【かんたん車査定ガイド】か【ズバット車買取比較】だ。

理由は、この2サイトは車両情報を入力するとすぐに全国の相場を教えてくれるからだ。先ほども言ったが、全国の相場を知る事ができればディーラーの下取り査定の商談で目安にする事ができる。営業マンの下取り査定が全国の相場より上か下かすぐに分かるので交渉する材料にできる。

車査定サイトを利用して、下取り車を最大限高く売る5ステップ

車一括査定サイトは査定をすると後からメールなどで査定額や買取交渉を行う仕組み。

だから、それを踏まえて車査定サイトと販売ディーラーの下取り価格を天秤にかける流れをご紹介する。

1 販売ディーラーに行く前に査定をする

2 愛車の全国の相場を確認する

3 販売ディーラーで下取り査定価格を確認・交渉をする(ここで保留にする)

4 買取店からの連絡を貰って買取交渉をする (高い見積もり査定を出してくれたお店と数店舗で交渉しましょう※ディーラーの下取り価格も踏まえて)

5 買取店の方が高ければディーラーには下取りナシで新車の契約を完了させる、もしディーラーの下取りが一番高ければディーラーにそのまま下取りをお願いしましょう。

このような流れになる。

これなら【知らずに損をする】という事は起こりえない。下取り価格と一番高い買取店の買取額は平均で16万円高く売れているので、高値で売れる事も期待できる。

是非、販売ディーラーに行く前にこの流れを確認してほしい

まとめ

車の査定サイトは「高く売る」という目的でやる為でもあるが、一番は「知らずに損をする事を防ぐ為」である。
販売ディーラーよりも買取店の買取査定が高い場合、新車の契約書と買取の契約書が異なる為、 『一旦、現金に替える』という手間が増えるが、この一手間をかける事ができるかどうかで数万円~数十万円の違いが出てくる。

今、新車の購入を考えられている方は是非ともこのプロセスを実践してほしい。

紹介した車査定サイト

かんたん車査定ガイドの一括査定(無料)

ズバット車買取比較の一括査定(無料)

査定士

この記事の執筆者
某ディーラーの営業マン
営業歴 18年
10万人未満の街の店舗で年間の新車販売台数は100台を超える営業マン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする