カードローンで40万円借りて競馬で鉄板レースに複勝1点勝負した結果、まさかの…

私の友人の木村君は競馬が大好きです。その木村君が2年前の宝塚記念の週に「ゴールドシップの複勝買えば絶対当たるよ。たった2分で1割利子が付くからおいしいよ。」と、私にも複勝を買うように勧めてきました。

何でも彼は50万円賭けるつもりで、2分後に5万円お金が増えていると言うのです。「10万円しか持ってないわ。」と私が言うと、木村君は「俺も似たようなもんだよ。消費者金融で30万円借りるつもりなんだ。君も借りなよ。」と消費者金融を勧めてきたのです。

「本当に当たるの?」と私が念を押すと、彼は怪訝な顔で「おいおい俺が信用できないのかよ。心配しなくても絶対にゴールドシップは3着以内に来るよ!」と吐き捨てるように言ったのです。

私が調べたところ、ゴールドシップは宝塚記念を2連覇中の実力馬です。とにかく阪神競馬場が得意で、前走の天皇賞春を快勝したこともあり、不安な点は一切なかったのです。スポーツ新聞を何紙か読んでも、どれもゴールドシップの相手探しと書かれていました。「これなら大丈夫かな」と、私も覚悟を決めて40万円借りて50万円勝負に乗ることに決めたのです。

次の日仕事帰りに消費者金融の自動契約コーナーに寄りました。私はカードローンを借りたことはなく、いきなり40万円も貸してもらえるのか不安でした。今から審査に入ると部屋の中で待つように言われ、40分ほど待ちました。すると審査に通り、希望通り融資限度額が40万円となりました。30日以内に全額返済すれば利息はかからないので、「5日後に返しに来るね」とATMから40万円引き出して帰宅しました。

日曜日の昼過ぎに木村君と阪神競馬場に行きました。彼も30万円借りてきたと言い、一応パドックを見てから買うかどうか決めると言っていました。そして10Rが終わり、パドックや返し馬の様子を見て「大丈夫だ。勝負しよう!」と50万円勝負を決めたのです。二人とも50万円ゴールドシップの複勝を購入し、レースを見守りました。

ゲートが開き各馬一斉にスタート!

白い馬が大きく出遅れました。

なんとそれがゴールドシップだったのです。そのまま最後方で全く見せ場もないままレースは終了しました。私は自然と涙が落ちてきました。この瞬間40万円の借金が確定したのです。
あれから2年以上経ちましたが、まだ返済中です。もちろん木村君ともあの日以来会っていません。

★借金の悩み 弁護士に相談

【ギャンブルで借金】弁護士に相談して任意整理しました
自分は学生の頃から無類のギャンブル好きでした。普段からパチンコ・スロットや競馬等の遊興的な好意を頻繁に行っていく事が大変多かったので...

ギャンブル 借金 弁護士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする