セラミドを増やす化粧水をお探しならKOSE【米肌】トライアルセットを試してみた

今人気、話題になっているKOSEの米肌に注目したいと思います。

セラミドを増やす 化粧水

米肌とは

米肌とは、KOSEが長年にわたり研究を続けて開発された、日本人の主食「お米」と日本伝統の技術「発酵」の融合によって商品開発され生まれた商品になります。

KOSEは約70年にわたり、化粧品の研究を続けています。
中でも注目されていたのか「お米」。お米は豊富な栄養素をバランス良く含んだ健康食品として支えられてきました。長い歴史の中で、米ぬかが肌の潤いや美白に効果があることなど、お米の持つパワーに注目されてきました。
その研究の中で唯一肌を改善する効果が認められた成分「ライスパワーR№.11」に出会い、老舗の酒蔵とKOSEが研究を重ね、最新のテクノロジーを駆使して化粧品に応用しました。
素材は100%国産米。さらにアレルギーテストや副作用チェックなど徹底的に品質にこだわり、肌への刺激は蒸留水より低い指数で安全性も証明されています。

主な成分としては3つ。

ライスパワー R№.11
「セラミド」を産生する力があり、その結果肌自体のバリア機能を高め、水分を保つ力が高まる。
大豆発酵エキス
保湿、保護効果に優れており、肌表面の潤いを逃さない。
ビフィズス菌発酵エキス
角層細胞の保湿力をサポートする動きに優れている。

さらに潤いをサポートする3つの保湿成分

グリコシルトレハロース
優れた保湿効果を有する「トレハロース」を主成分とする。別名"命の糖""復活草"と呼ばれ、高い保湿効果や乾燥から細胞を保護する効果など、さまざまな働きをしてくれる。
グリセリン
他の保湿成分と組み合わせて配合すると、乾燥環境から肌を守る働きが高まる。
乳酸  Na
乳酸と同様に、角層細胞内のNMF(天然保湿因子)の主要構成成分。角層細胞の保湿力をサポート。

を配合しています。

米肌の3つの特徴

・乾燥や紫外線のダメージから肌をしっかり保護。
・潤いが長時間続き、自ら潤いを創り出す肌になる。
・低刺激処方なので安心できる。

米肌は、ライスパワーR№.11がセラミドを生産し、ビフィズス菌エキスで天延保湿因子(NMF)を補い、大豆発酵エキスで肌を包み込み潤いをキープ。
肌の潤い成分に働きかけ、肌全体から潤いを創り出し、さらには肌内部の水分だけではなく空気中の水分まで自ら取り込み、乾燥や紫外線のダメージから肌をしっかり保護します。

無香料、無着色、鉱物油フリーで弱酸性と低刺激なので多くの方に愛用していただけます。

多くの肌の悩みの原因は乾燥にあると言われています。
また、毛穴の悩みは年齢による潤い不足が原因とも言われています。

潤い不足は加齢とともに「セラミドが減少」するため。

だからこそ、「セラミド」を創り出し、「水分保持能」を改善する「ライスパワーR№.11」を配合した米肌をお勧めします。

乾燥や毛穴、シミ、しわ、くすみ…あらゆる肌トラブルや悩んでいる方に是非、使っていただきたいです。

潤いがほしい、毛穴を目立たなくしたい、黒ずみをなくしたい…
とおもっているなら、
是非一度使ってみてください。

米肌で自ら潤う肌へと進化させましょう。