スタジオジブリ【千と千尋の神隠し】

どこにでもいそうな、いたって普通の10歳の女の子・千尋がある日両親と新居に引っ越しで向かう途中、ある不気味なトンネルを見つけます。

両親と共に千尋もトンネルを抜けると、そこには無人の食堂に様々な食べ物が並ぶ異様な光景が広がります。両親は千尋が止めるのも聞かず、食堂に並ぶ食べ物を無断で食べ始めてしまいました。その後、両親は何かに取り憑かれたように食べ続け、両親は豚に姿を変えられてしまいました。

驚いた千尋はあたり見渡し帰り道を探そうとしますが、見つかりません。パニックになっていた時にハクという少年に会い、ここは人間が来てはいけない神々が住む世界だという事を教えてくれ、千尋を助けるために、この世界で千尋がどうすればいいかを教えてくれました。

助かるためには、「湯屋」という所で「仕事」をもらい「働く」事。湯屋の主人である「湯婆婆」に仕事をもらえるように会いに行く事だと教えてくれました。ハクに助けをもらい、色々な障害を乗り越え何とか湯婆婆に会う事ができた千尋は湯屋で働かせてもらうよう懇願し、なんとか許しをもらいましたが、その代わり湯婆婆に千尋と名前を奪われ、「千」という新たな名前で湯屋で働くことになりました。

普通の女の子千尋が、元の世界に帰るため、両親を元の姿に戻すため、様々な人の力を借りながらも湯屋の中で働き、少しづつ成長していくお話です。

歴代の【スタジオジブリアニメ】一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする