4代目ND系【ロードスター】2015〜

4代目ロードスターは2015年に発売された、マツダのライトウェイトスポーツカーであり、新世代車種の第6弾です。
4代目となったこの車は、2010年に発表されたマツダの新世代技術である「SKYACTIV TECHNOLOGY」を搭載。デザインテーマである「魂動(こどう)-Soul of Motion」によって、より一層純粋な人馬一体のライトウェイトスポーツカーとして設計された車です。
低くワイドな台形のフォルムを持ち、コンパクトなキャビンを中央に配置することで乗員の姿が映えるようになっています。
また、ボンネットフードも低く鋭くすることで鋭さを持ったスポーツカーを表現。同時に、運転視界の良好さも獲得しています。ヘッドライトにも変更が加えられ、これまではオーバル形状だったものを切れ長のLEDヘッドランプへと変更。ヨー慣性モーメントを低減し、薄く平面にすることで短く低いオーバーハングを実現しているのです。
ボディの材質にもこだわられています。従来のアルミ・ハイテンションスティール・超ハイテンションスティールの使用比率を先代のNC系よりも13%引き上げることで、ボディ剛性を確保しながらも大幅な軽量化に成功しています。
エンジンは「SKYACTIV TECHNOLOGY」の一つである専用設計の直噴の1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」を全グレードに搭載しています。これをフロントミッドシップに置くことで前後の車重を50:50に設定。TM車には構造をシンプル・小型化した「SKYACTIV-MT」を搭載。AT車には走りをサポートするステアリングシフトスイッチと、エンジン回転数の反応を高め、力強い走りを得られるドライブセレクションを追加しています。

歴代マツダの【ロードスター】一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする