2代目NB系【ロードスター】1998〜2005

ロードスターは1998年に初のモデルチェンジが行われ、2代目・ロードスターとなりました。当時のCMでのキャッチコピーは〝Roadster Reborn〟。
それまではユーノス・ロードスターと呼ばれていましたが、販売チャネルであるユーノスが廃止されたため、ここから「マツダ・ロードスター」が誕生します。
初代の特徴的な部分の一つでもあった格納式のヘッドライトは軽量化や安全性のために廃止され、車体の全幅は5ミリ延長されました。
サスペンションのダブルウィッシュボーン方式はそのままに、アームやナックルなどの部品の調整・補強を行うなど各部を徹底的に見直されています。そのおかげで重量増加を最低限に抑えることに成功しています。また、初代ロードスターのマイナーチェンジ時に廃止されていた1600ccエンジンが復活。トランスミッションも従来の5MTと4ATに加えて6速MTも選択できるようになり、可変吸気システムを持つ1800cc搭載のモデルと共に発売されました。
2代目マツダ・ロードスターは2000年にマイナーチェンジされます。フロント周りを中心としたエクステリアの変更、シートの軽量化、インパネなどの内装デザインの変更がされました。また、このモデルでは1800ccエンジンの可変吸気システムが廃止され、可変バルブ機構を持つBP-VE型へ変更。そのおかげで馬力・トルクともに向上しています。キーレスエントリーが採用されたのもこのモデルからです。
その後も安全性の向上や、騒音・排ガス規制のためにたびたびマイナーチェンジが加えられ、2003年の10月には受注生産にてクローズドボディのロードスターである「ロードスター・クーペ」が発売。その後の12月にはターボモデルも発売されました。

歴代マツダの【ロードスター】一覧へ