プロバイダーとは?プロバイダーの役割/インターネット回線選び

プロバイダとは、正式にはインターネット・サービス・プロバイダ(Internet Services Provider)という名称で、ISP等とも呼ばれています。

 

プロバイダの役割

では、プロバイダとは何か?というと、インターネットへの通行証を発行してくれる会社です。

 

インターネットを利用するためには「インターネット回線」と「プロバイダ契約」の二つが必要になります。インターネット回線とは、自宅からインターネットに接続する為に必要となる物理的な回線設備のことです。

 

例えば、家で固定電話を利用するためには電話回線を物理的に自宅まで敷く必要がありますね。同様にインターネットを利用する為にはインターネット専用の回線を自宅まで敷く必要があります。これがインターネット回線です。

 

次にプロバイダですが、先で説明した通り、通行証を発行してくれる会社のことです。自宅にインターネット回線が敷かれているからといって誰でも無料でインターネットを利用できるわけではありません。

 

インターネットを利用する為にはインターネットを利用する為のID、パスワード等(通行証)が必要となります。このID、パスワードの発行をしてくれる会社がインターネット・サービス・プロバイダです。

 

インターネット回線が自宅まで敷かれていて、プロバイダと契約してID、パスワードを発行してもらうことで、初めてインターネットに接続することができるようになります。

 

インターネット回線は高速道路のようなもの

インターネットの接続は高速道路の様なものです。高速道路という有料道路が全国各地至る所に整備され、繋がっていますね。でもこの高速道路は誰しもが自由に、無料で利用できるわけではありません。高速道路を利用する為には料金所で通行料を支払ってはじめて利用できますよね。

インターネットも同じ仕組みです。高速道路が「インターネット回線」、料金所が「プロバイダ」になります。

 

 

このように、インターネットを利用するためには、インターネット回線の契約とプロバイダ契約が必要になります。
但しインターネット契約をする場合の多くはインターネット回線契約時に選択できるプロバイダを紹介され、そのプロバイダの中から好きな所を選ぶという流れになっているため、自分で個別にプロバイダを探して契約するといったことはありません。インターネット申し込み時にインターネット回線の契約とプロバイダ契約をまとめて行うことができるのです。

 

 

インターネットの回線事業者

回線事業者は全国各地のインターネット回線を整備している会社の為、全国的にも有名な会社が多いです。具体的にはNTT東日本やNTT西日本、KDDIや東京電力等の電力会社、さらにはケーブルテレビ事業者等が回線事業者に当たります。

 

プロバイダ事業者

プロバイダ事業者にはOCNやSo-net、@nifty、BIGLOBE等といった誰しもが一度は耳にしたことのある会社があります。但し有名な会社以外にもプロバイダ事業者は数多く大小合わせて実に100社以上存在していると言われています。

 

国内シェアですとOCNが国内シェア№1で、以降Yahoo!BB、So-net、BIGLOBEと続きます。数多く存在するプロバイダですが、基本的に料金に大きな差はありません。

 

ただし、プロバイダー毎にメールサービスを提供していたり、ホームページスペースを提供していたり、サポートに差があります。プロバイダーによっては最新のホームルーターをレンタルできるところ等もあります。

 

OCNは回線の安定度に定評があり、人気が高くなっています。また、Yahoo!BB等では本来有料のYahoo!オークションがプロバイダ利用で無料で利用できたり、クラウドサービスが無料で利用できるといったサービスを提供しています。

 

プロバイダとはインターネットを利用する上でなくてはならないものです。またプロバイダによりサービス内容に違いがあることから、インターネット契約の際はプロバイダのサービス内容も確認して選びましょう。