相続する予定の【親の家】を売るポイント解説

スポンサーリンク

この記事では親から相続した家の売却について解説したいと思います。

・親が住んでいた田舎の家を相続したけど誰も済む予定が無いので売ろうと思っている

 

このような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

親の家を売る

親の家を相続する事になったけど売ろうと思います どうすればいい?

ここ数年、親から相続された家の処分に困っている方が急増しています。
建物を壊して土地だけにしてしまうと税金も上がってしまうので、建物は壊したくない。けれど家が古いし、そのままにしておくと放火や住居侵入などの被害も増えるという事で、行政から取り壊すようにとの事を言われた。などの相談を受ける事が多くなりました。今日はそんな問題についてお話したいと思います。

 

親から相続した家を売る事が確定したらすぐに不動産会社へ

直ぐに不動産会社へ行きましょう。それも多くの不動産会社へ相談し、媒介契約を結び宣伝してもらいましょう。都市開発や区画整理など以外は時間が経過するたびに売却価格も確実に下がっていきます。現時点でも、もしかすると建物の評価価格は0円かもしれません。
その場合、建物を壊すにも解体費用も掛かりますし、家を売却する事が確定したのであれば、直ぐに売却手続きをお勧めします。時間が経過するとともに、固定資産税は掛かるし、評価価格も確実に下がってきますので。

 

最終的に売る?貸す?どうすればいいのか判断に迷った場合

まず「現在の資産価値がいくらか?」を、査定を取って調べてみましょう。
その際に不動産業者のアドバイスも色々と聞けるので、売るのか貸すのか、どちらが自分に取って得なのか判断する材料になります。不動産の価値を調べるためには、複数の業者から査定をとって相場価格を調べる事になります。その上で売るか貸すのか自分にあった方法を選択するのがベストだと思います。

 

例えば、売却値から購買値と手数料、支払った住宅ローン金利や固定資産税を差し引いた額を住んだ年月で割り算したら賃貸で貸す方がだんぜん経済的にはお得だと思いますし。自分にあった選択を不動産会社へ相談し選択していきましょう!

 

まとめ

とにもかくにも不動産会社へ相談しましょう!それも出来るだけ多くの。ほんとにこれが一番です!でも不動産会社へ行く暇が無い。
今は便利ですよ。そういう時のために一括査定サイトなどもインターネットには多く存在します。一括査定は売却したい家の情報(住所、築年数、延べ床、土地の㎡数など)を入力するとある程度の価格と担当者から折り返し連絡があります。
その時に相談し、自分にあった担当をチョイスするのも大切です!出来るだけ早く相談しましょう!