まずは【ネット回線の契約】が可能かどうか調べる事が重要

 

光回線を使いたいと考えたときに、どうすればよいか?
光回線を契約したいと思ったときには、まず、光回線が導入できるかどうか確認をする必要があります。

 

 

光回線といっても種類がいくつかあります。
NTTが提供しているフレッツ光、フレッツ光の回線を借りてプロバイダが提供している光コラボ、さらには独自の回線で光サービスを提供しているau光やNURO光、ケーブルテレビ事業者が提供しているJ-COM等多くの光回線が存在しています。

 
それぞれの光回線によって自分の地域が対応しているかは異なってきます。
また、アパートによっては既に大家さんが光回線を導入している場合もあります。
まずは、自分のアパートがどの光回線を導入できるか確認することが大事です。そして、導入できる光回線が複数あるのであれば、サービスや料金などを考慮して自分に合った光回線を利用しましょう。

 

光回線の契約が可能かどうか確認する手順

光回線が可能か確認する手順としては、次のようになります。

アパート自体に導入工事が済んでいるかを大家さん、又は不動産管理会社に確認

まずは、アパート自体に導入工事が済んでいる光回線があるかどうかを確認します。
これは、大家さんや不動産会社に確認することで、済んでいるアパートが光回線導入済みかどうか確認がとれます。

もしくは、光回線業者の公式ホームページでアパートが対応しているかどうかを確認することができます。

ここで既に光回線が導入されているのであれば、その光回線を利用するための工事は屋内工事のみとなります。

屋内工事とは、光回線をアパートの共用エリアから自室に引き込む工事のことです。
光回線の工事には屋外工事と屋内工事があります。

 

基地局からアパートの共用エリアに光回線を引き込む工事を屋外工事と呼びます。アパートが既に光回線を導入しているのであれば、屋外工事は不要なります。
屋外工事が必要になる場合は、大家さんに導入工事を依頼することになります。
というのも、屋外工事はアパートの外壁や共用エリアへ手を加えることになるため、個人の判断で勝手に導入することはできません。

アパートに既に光回線が導入されているのであれば、少なからずその回線は利用できるということになります。
それでも他の回線が利用したい、またはアパートに光回線が導入されていない場合は、大家さんに光回線の導入をお願いすることになります。

 

住んでいる場所が光回線のエリア内かどうか調べる

導入をお願いするにあたっては、そもそも導入したい光回線が住んでいるエリアに対応しているかを確認する必要があります。
これは、光回線の公式ホームページでエリア確認をすることができるので、公式ホームページで対応しているかどうかを確認しましょう。
公式ホームページから郵便番号を入力し、対象のエリアが光回線に対応しているかということを確認することができます。
エリアが対応しているのであれば、大家さんにお願いをして、光回線の導入工事をしてもらえるかどうか確認をしましょう。
エリアが対応しているのであれば、屋外工事と屋内工事をすることで、希望の光回線を利用することができるようになります。

 

光回線は住んでいるエリアが対応しているかどうかで利用可否がわかります。
au光やフレッツ光等のそれぞれの回線が対応エリアであれば、導入することは可能ですが、屋外工事が必要になります。
この屋外工事には大家さんの協力が必要不可欠であり、自身の判断で勝手にできるものではありません。
導入されている光回線があるのであれば、その回線の中から選ぶのが良いでしょう。
屋外工事には時間もかかるため、既に導入済みの光回線であれば屋内工事を終えれば直ぐに利用できるようになります。

 
どうしても導入してほしい回線があるのであれば、大家さんへ導入工事をしてもらえないかをお願いしてみましょう。