【SMBCモビット】審査してもらう前に読む!徹底解説&口コミ

  1. SMBCモビット
      1. SMBCモビットの3つの特徴
      2. SMBCモビットの特徴1 2016年度オリコン顧客満足度調査にて堂々の1位を獲得
      3. SMBCモビットの特徴2 借りられる人の幅は広く、使い道も自由
      4. SMBCモビットの特徴3 ネットをうまく使ってセルフマネジメント、そしてスマートな利用も行える
    1. SMBCモビットはこんな方におすすめ
    2. SMBCモビットってすぐ借りれる?【即日融資】
    3. SMBCモビット【月々の返済】10万円借りた場合の返済額
    4. SMBCモビットの【金利】はどのくらい?10万円借りた場合
    5. SMBCモビットの【WEB完結】について
    6. SMBCモビットは家族や会社に【バレずに】お金を借りるには
  2. SMBCモビットの審査について
    1. SMBCモビットは【審査】は甘い?借りやすい?
      1. SMBCモビットは【何時まで】に申し込みすれば即日融資が可能?
    2. SMBCモビットを利用する時に準備する【必要書類】
      1. SMBCモビットは【収入証明】は必要?
      2. SMBCモビットで借りるのに【マイナンバー】は必要?
  3. SMBCモビットQ&A
    1. SMBCモビットは【総量規制】の対象?
    2. SMBCモビットは【千円単位】で借りれる?
    3. SMBCモビットの返済は【口座引き落とし】にできる?
    4. SMBCモビットは【一括返済】できる?
    5. SMBCモビットって【手数料】かかる?手数料無料?
    6. SMBCモビットは【保険証】だけで借りれる?
    7. SMBCモビットの【限度額引き上げ】ってできる?
    8. SMBCモビットは【アルバイト】でも借りれる?
    9. SMBCモビットは【主婦】でも借りれる?(パート・専業主婦)
    10. SMBCモビットは【学生】でも借りれる?

SMBCモビット

SMBCモビットはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の子会社となる消費者金融であり、設立は2000年と比較的新しいのですが何十行にのぼる地銀、第二地銀の信用保証を担当するなどその信頼性は個人だけでなく金融業者にも知れ渡っています。

 

SMBCモビットの3つの特徴

SMBCモビットの特徴1 2016年度オリコン顧客満足度調査にて堂々の1位を獲得

様々な売り上げ、サービスの品質の満足度をランキング形式で発表するオリコン。その2016年版でSMBCモビットはノンバンクカードローンとして 顧客満足度1位を獲得しています。銀行によるローンサービスの信用保証業務に定評のある業者ですが、もちろん主なサービス相手である一般利用者にもその実力が認められていることが証明されたことになり、これまでに多くの方のマネープランをサポートしているのです。
オリコンの調査項目は金利や借り入れ条件、審査や返済のしやすさなど多岐に渡るのですが、全11項目中6つで1位を獲得、多角的に見ての受賞となるのでその信頼性はバツグンと言えます。

 

SMBCモビットの特徴2 借りられる人の幅は広く、使い道も自由

SMBCモビットでは最大で800万円までの融資が可能であり、そして金利は3.0%~18.0%と低金利になっています。少額ではあまり有利な金利は適用されませんが、借り入れ金額が高くなるほど金利が低くなるのでまとまったお金を必要と考えている場合には役立つ可能性が高いです。
他の大手の消費者金融では最低金利が4~5%あたりに設定されていることを考えてもモビットは多額融資に強いと言えるでしょう。

 

もちろん少額の融資のみを考えている方にもおすすめで、その場合には審査スピードも短く済み、最短では即日融資にも対応、申し込んで数時間もすると自分の指定した銀行口座に振り込まれることになるのです。

またお金を必要とする方の属性というのは様々ですが、モビットでは正社員だけでなく自営業の方、パートやアルバイトであっても借り入れ可能であり、その際に使い道を尋ねられることもないので安心です。

 

SMBCモビットの特徴3 ネットをうまく使ってセルフマネジメント、そしてスマートな利用も行える

モビットと契約を完了させると自動的に会員になるのですが、そうなると会員専用ページにログインできるようになります。
「MYモビ」なるサービスであり、これによって今現在の借り入れ状況を簡単に確認でき、また今後の返済シミュレーションなどを行ったりキャッシングによる一番重要なポイント、返済についてしっかりと自己管理することができるのです。

その他新たな借り入れの相談や振り込みキャッシング、登録情報の変更などといったサービスも提供しており、パソコンではすべての機能を利用可能、そしてスマートフォン、モバイルでもある程度のサービスを受けることができます。
スマートフォンではアプリとセブン銀行ATMの組み合わせでカードを必要としない取引ができ、こちらはスマートな現代人のライフスタイルをしっかりとフォロー、顧客のニーズをしっかりと掴んでいるのです。

 

SMBCモビットはこんな方におすすめ

借りやすさや申し込み手続き、審査やその際の対応など総合的に見て一番顧客満足度が高いノンバンクカードローンがモビットであり、多額の融資を必要とする人、そして少額のみの利用を考えている方すべてを満足させることができると好評です。

 

多くの銀行ローンの信用保証を行っているということはプロの見てもその実力が秀でている証拠であり、また会員専用のログインページでは自分の状況や返済シミュレーションも行えるのでしっかりとセルフマネジメント、ついつい借り過ぎてしまう心配もありません。スマートフォンでカードレス取引が可能ですし、これまで消費者金融を利用したことがない方から経験者、またアルバイトやパートなどあらゆる方におすすめできる魅力的なカードローンと言えるでしょう。

SMBCモビットってすぐ借りれる?【即日融資】

SMBCモビットは審査が最短30分で回答されるので可決されると即日融資を受ける事が出来ます。

早くお金を借りたい時はSMBCモビットでキャッシングをするのが適していますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでモビットですぐお金を借りたい時に注意したい点も確認していきましょう。
振込キャッシングを利用する時は条件がある
SMBCモビットは融資の依頼をすると指定の口座に振込をしてもらえる振込キャッシングのサービスを利用する事が出来ます。銀行の営業時間が平日の15時までなので振込キャッシングのサービスを利用する時は平日の14時50分までに手続きが完了すれば即日融資を受ける事が出来ます。

 

しかし三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていないと振込する事が出来ないので注意が必要です。振込キャッシングですぐお金を借りたい時は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を準備しておく必要があります。
土日祝日にすぐお金を借りたい時はカードを発行してもらう
土日祝日は銀行が営業していないので振込キャッシングのサービスを利用する事が出来ません。それで土日祝日に即日融資を受けたい時はネットで申し込みをした後に自動契約機でカードを発行してもらう方法になります。
自動契約機は営業時間があるので時間内にカードを発行してもらうようにしましょう。

 

 

SMBCモビット【月々の返済】10万円借りた場合の返済額

モビットの毎月最低返済額は借入後の残高により決められており、追加で借入しないなぎり変わらず一定です。

 

そして最終借入後残高が10万円以下の時は返済額は4000円、そして10万円超過、20万円以下なら8000円など決まっています。そして、もし同じ条件で10万円でなく10万1千円借りたとすると毎月の返済額は8000円となって返済総額11640円です。

 

毎月返済額多くし少ない利息で早く完済したければ10万円必要でも10万1千円借りたほうがお得です。コンビニのATMなら千円単位の借入できて、ぜひそうしてください。

 

余裕あればつい買い返済したいところ。モビットの返済期日はATM返済型、口座振替型2種類選べます。どちらも約定返済日5日、15日、25日、末日から選び決めます。

 

SMBCモビットは借入後残高スライド元利定額返済方式というのを採用しており、これは借入後の残高に応じ最低返済額変動します。

 

残高10万円以下なら最低返済額4000円、10万エコ20万円以下は最低返済額8000円など。どうしてこうなってるのかといえば利用者からすれば残高少ない額となればその分毎月負担が減ることに。

 

10万円以下のお金借りたら最低返済額4000円でさほど負担に感じることありません。

SMBCモビットの【金利】はどのくらい?10万円借りた場合

SMBCモビットで10万円借りたら返済回数、返済額はどれぐらいになるのかチェックしてみます。

返済額10万円の借入なら初めの月8000円の返済、その後10万円未満となって4000円の返済額となります。年率18%の利息がかかり4000円ずつの返済額では完済までに2年半ぐらいかかることになります。

長くかかればかかるほど利息多く支払うようになります。SMBCモビットは随時返済も受け付けていて、余裕あるとき多く返済することを考えましょう。

そして、ボーナス前どうしても10万円必要といったときにいったん借入してボーナス出て全額返済すれば利息は借りた日数だけで助かります。こうしてうまく利用してみれば10万円の借入金も十分役立てられます。

SMBCモビットの返済法は毎月ちょっとの返済額で無理なく返済できて、余裕ある時一括返済することもできて、いろいろな選択肢があって便利に利用できるカードローンなのです。

消費者金融で借入するといったことに抵抗ある方が少なくないでしょう。

確かに以前の消費者金融はサラ金と呼ばれていたみたいにサラリーマンが生活に困り利用するといったイメージがあったのです。貸金業法の改正後利息制限法改正で、それまでの出資法の上限利息が利息制限法の上限利息に統一されて、金利設定も上限20%以内、10万円以上の限度額にかかる実質年率も18%と低金利になっていて安心です。

SMBCモビットの【WEB完結】について

カードローンの申し込みをするにあたっては、電話・インターネット(WEB)・有人店舗・無人契約機・郵送などの選択肢があります。一方で契約するにあたっては有人店舗・無人契約機を利用しないといけないことがほとんどです。一方でSMBCモビットのWEB完結の場合は特定の銀行に口座さえ持っていれば本当にWEBで契約・申込までを行うことが可能です。

 

通常は契約後にカードローンを使用するためのカードを受け取る必要があり、それは有人店舗・無人契約機・郵送で実施します。SMBCモビットのWEB完結の場合は、4つのSTEPで作業が完了します。

 

STEP1はまずWEBで申し込みを実施する、
STEP2ではSMBCモビット側から確認の電話もしくはメールが来ます、
STEP3では自分のの保有しているどの口座を使用するのか選択、
STEP4でいよいよ借入可能となります。

 

この際、カードは発行されずに自分の保有している口座に借り入れた金額が振り込まれます。そして、自分の持っている銀行のキャッシュカードで現金を下ろすわけです。

また、改めてカードが必要となった場合は後日発行も可能ですので、有人店舗や無人契約機に行く暇がない、という人は初回はWEB完結で申込を実施し、余裕がある時にカードを発行するとよいでしょう。

 

SMBCモビットは家族や会社に【バレずに】お金を借りるには

まずSMBCモビットには、WEB完結申し込みという一切電話連絡がないWEBだけで契約手続きが完了する申し込み方法があります。

こちらは職場への在籍確認の電話連絡さえないので、会社の人にバレる可能性は低いです。

 

WEB完結申し込みができるのは、社会保険証か組合保険証を持っている方だけです。

 

つまりサラリーマンやパートでも社会保険が適用される方が対象となります。さらに三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが条件です。おまけに50万円以内の借り入れでも、収入を証明する書類(給与明細や源泉徴収票など)の提出が必要となります。ちょっと普通の申し込みよりは面倒ですが、事前に用意していれば問題ないでしょう。
ちなみにWEB完結申し込みは、カードレスなので自宅に郵送物が届きません。ですから家族にもバレる可能性は低いです。

 

一方、通常の申し込みでは、職場への在籍確認の電話連絡はあります。しかしSMBCモビットだと名乗ることはなく、また本人が電話に出る必要もありません。ただその会社に在籍することが確認できたらOKなので、それほど気にすることはありません。

なお契約書やカードは自宅に郵送されてきますが、SMBCモビットまたは三井住友銀行の自動契約機で受け取れば自宅に郵送物は届きません。

ですから家族にバレないためにはちょっと面倒でもお近くのSMBCモビットか三井住友銀行に行く必要はあります。

 

SMBCモビットの審査について

SMBCモビットは【審査】は甘い?借りやすい?

消費者金融は即日融資に対応しているので審査が甘いだろうと考えている人も少なくありません。

しかしモビットの審査は甘いわけではないので注意が必要です。そこでモビットの審査の可決ポイントを挙げていく事にしましょう。

月に1回以上の収入を得ている
モビットは申込条件に安定した収入を得ている人とあるので審査では月に1回以上の収入を得ているかどうかを確認します。年収が低くても月に1回以上の収入を得ていれば審査に可決されます。

しかし年収が高くても不定期に収入を得ていると審査に落ちてしまいます。モビットの審査が可決されるには月に1回以上の収入を得ている事が重要なポイントになってきます。

他社からの借入件数が3件以下
モビットは総量規制の対象になっているので審査では他社からの借入件数を確認します。他社からの借入件数が4件以上あると借入総額が少なくても審査に落ちてしまいます。

モビットの審査が可決されるには他社からの借入件数が3件以下である事が重要なポイントになってきます。

しかし他社からの借入件数が3件以下でも借入総額が多いと総量規制に接触してしまうので審査に落ちることもあります。

モビットの審査は甘くはないですが、このようなポイントをクリアしていれば可決されるので申し込む前に確認しておきましょう。

SMBCモビットは【何時まで】に申し込みすれば即日融資が可能?

カード申し込みはいつまでに発効すれば即日融資実現するかですが、結論は21時までです。

カード申し込みの借り入れはローン申し込み期の営業時間の8時~21時の間なら本審査に通過すればいつでもカード発行が可能。SMBCモビットは仮審査通過すればモビットのユーザーID・パスワード取得ができます。

カード申し込み本審査図り審査終わったら本人確認書類紹介することで行われてネットの申し込みはこの本人確認書類をスマホ、デジカメで撮影か、スキャナーで取り込みSMBCモビットへ送付することで紹介。

そして本審査通過すればSMBCモビットから別途送られるメールからモビットのサイトにアクセスすればローン申し込み期予約番号紹介ページへ移動。

そこで仮審査で発行されたパスワードなど入れれば、予約番号が画面上に表示されます。

そして番号はローン申し込み期でカード発行のために必要で控えてください。

予約番号を控えれば本人確認書類を持ちもよりローン申し込み機へ向かってください。本審査通過ですでに申し込み手続き完了していて、カード受け取り手続きから始められます。

そして予約番号入力などをしてカード発行が可能です。カード手にすればSMBCモビットの提携コンビニATMで融資金借り入れが可能です。

SMBCモビットを利用する時に準備する【必要書類】

SMBCモビットは即日融資に対応している消費者金融ですが、申し込みをする時に提出しなければいけない必要書類があります。

必要書類を提出する事が出来ないとお金を借りる事が出来ないので注意が必要です。そこでSMBCモビットにキャッシングの申し込みをする時に提出しなければいけない必要書類を確認していきましょう。
本人確認書類
SMBCモビットでお金を借りる時は本人である事を確認するので本人確認書類を提出しなけれないけません。基本的には運転免許証の写しを提出する事になりますが、持っていない人は健康保険証かパスポートの写しを提出する事になります。

運転免許証と健康保険証は表面だけでなく裏面もコピーして提出する必要があります。またパスポートが顔写真と住所が記載されている部分をコピーして提出する必要があります。
収入証明書
消費者金融は50万円以下の借り入れをする時は収入証明書の提出が不要になる事が多いですが、モビットは提出する必要が出てくる事もあります。

 

適用されるのは源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、最新2ヶ月分の給料明細書になるのでどれか一つをコピーして提出します。

 

申し込みをする時に収入証明書の提出を求められた時は提出するようにしましょう。

SMBCモビットは【収入証明】は必要?

条件次第で必要になることがあります。

常に必要であるわけではありませんからご注意ください。具体的に申しますとモビット単独で50万円を超える借入れを希望する場合か或いは他者貸金業者からの借入額とモビットとの希望借入額が100万円を超えてしまう場合において必要になります。
これはモビット独自というわけではなく、法律的にそうしなければならない、ということになっています。

 

さて、肝心のなにが収入証明書として認められるのか、ということになりますが、源泉徴収票の写し、或いは所得証明書の写し、給料ではなく自営業者であれば確定申告書の写しでも大丈夫です。給料明細でも可能ですが一ヶ月分のみではなく、最も近いものを数ヶ月分、ご用意ください。

 

モビットの場合、最初からこれらが必要になるのか、というのはわからないです。そもそも50万円以上の設定をされるのか、或いは他社と合わせて100万円を超えるのかというのが確定的ではないからです。

 

確実にそうなる自信があるのであれば最初から持っていったほうがよいでしょう。収入証明は当然ですが見せるだけではなく、提出をすることになります。ですがあくまでコピーですから心配することはないです。

SMBCモビットで借りるのに【マイナンバー】は必要?

SMBCモビットで申し込みは運転免許証がない人いは個人番号カード化、健康保険証コピーなどを提出することになります。

そして、この申し込みは2つのコースがあって、WEB申し込みネットで申し込みから利用までできるサービスです。電話、郵送不要で、とてもスムーズに気楽にできて人気です。

また、ネット申し込みは本人確認書類をスマホで撮影してアップロードし提出すれば完了。

必要書類で個人番号記載されていれば、その個所を見えないように塗りつぶして提出を。一番簡単なのはネット回線を利用したパソコンやスマホからです。受付時間は365日24時間で夜間でも申し込みが可能です。ですが、審査は日中されて審査終わるまで融資受けられません。

夜中でも休日でも自宅で申し込みし翌営業日に審査結果受け取ったり、時間ゆっくりとれる自宅で申し込み翌営業日にメールで結果を受け取ったりできます。そしてSMBCモビットは審査時間が最短即日で、その日審査結果出ないこともあります。

結果がOKなら会員サイトから自分の口座にSMBCモビットからお金振り込んでもらえます。

SMBCモビットQ&A

SMBCモビットは【総量規制】の対象?

結論から言うと「SMBCモビットは総量規制の対象」です。

SMBCモビットは貸金業を登録している貸金業者なので、消費者金融の括りになります。そのため、モビットは総量規制の対象になってしまいます。よく、「SMBCモビットは三井住友銀行が運営しているのではないのか」と言われますが、SMBCモビットは三井住友銀行のグループ会社のひとつです。テレビのCMや電車の広告などでよくSMBCモビットの宣伝を見かけると思いますが、勘違いしてしまう人も多くいます。

しかし、勘違いしてしまう人が多いほどSMBCモビットは消費者金融と違ったブランドイメージを持たれているということです。

消費者金融のイメージとしては「怖い、高金利」という昔からのイメージが残っており、そういうイメージをSMBCモビットから抱かせないようにしています。SMBCモビットは消費者金融の中でも丁寧な接客、安全というイメージがあり、消費者金融嫌いな人でもSMBCモビットへ申込している人も多くいます。

なので、SMBCモビットは三井住友銀行のグループ会社の消費者金融ですので、総量規制の対象であり、年収の3分の1しか借り入れすることができません。

年収の3分の1以上借り入れしたいのであれば、三井住友銀行のカードローンやキャッシングを利用するようにしてください。

 

SMBCモビットは【千円単位】で借りれる?

1万円くらいからじゃないと借入が出来ない消費者金融や銀行系カードローンはありますが、モビットに関しては結論から言いますと千円単位から借入をすることは可能です。

方法に関しては二つあります。

まずひとつは銀行への口座振込みという形で行えば、千円からでも借入は可能です。
ただし、振込みができる銀行は限られており、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の二つの口座でなければ利用することは出来ないようになっています。

もうひとつは千円からでも利用が出来るような提携先のATMで利用をすることです。
ただし、こちらも提携先のATMというが限られており、以下のATMでないと千円からは借入の利用が出来ません。

三菱東京UFJ銀行
北洋銀行
足利銀行
栃木銀行
西京銀行
もみじ銀行
岐阜銀行
十六銀行
親和銀行
大垣共立銀行
百十四銀行
西日本シティ銀行
但馬銀行
常陽銀行
仙台銀行
トマト銀行
プロミス

大手の銀行が取り扱っているというよりは、地方の銀行のほうが取り扱っているのが多いのと、コンビニやネット銀行関連の提携ATMでは利用がされていないことに十分な注意が必要となってきます。

ほんの少しだけ利用をしたいというようなときには、利用する方法が限られます。

SMBCモビットの返済は【口座引き落とし】にできる?

金融機関から借り入れをして返済をするとき、口座引き落としなら返済の手間が省けてなおかつ忘れないですから便利です。

ではモビットの返済は口座引き落としにできるのでしょうか?

結論からいえば、口座引き落としすることは可能です。ただ、注意してもらいたいのは口座引き落としの金融機関定められている点で、その口座を保有している必要があります。

その指定金融機関は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、そしてゆうちょ銀行の3つになります。

これらはどれも大手の金融機関ですので、すでに口座を開設している人が多いのではないでしょうか?これらの口座からなら、口座引き落としで返済していくことができます。

口座引き落としは預金口座から返済していくことになりますので、一番気をつけなければいけないのは当たり前ですが残高不足です。

口座引き落としで勝手に返済されると安心して口座への入金を忘れてしまったら、返済できなくなってしまう恐れがあります。それでは困ってしまうでしょうから、引き落とし日前にはしっかり入金しておくように気をつけないといけないです。

ただ、それさえ注意すればとても楽な返済方法には違いありませんので、指定金融機関の口座を保有しているならオススメの返済方法です。

SMBCモビットは【一括返済】できる?

SMBCモビットコールセンターに電話し一括返済したい旨伝えてみれば一括返済に必要な額押してくれます。

そしてオペレーターにいつ一括返済するか伝えれば一括返済日時点での正確な借入残高を教えてくれます。

 

一括返済はSMBCモビットの返済法の中で銀行振り込み、提携ATMですることが可能です。

 

口座振替で一括返済はできず、口座振替の引き落とし額は最小返済額が指定されていて、指定期日にしか引き落とされません。どうせ一括返済なら、よりお得に便利に返済したいものです。

 

三井住友銀行でSMBCモビットカード利用時射乳、返済とも利用手数料が一切かからないです。

 

そして銀行振り込みでもSMBCモビットの一括返済できますが、この指定口座は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行いずれかです。SMBCモビットで一括返済時に返済日以外に返済時間に注意してください。

 

提携ATM利用してみると返済日の夜返済しても当日扱い。提携ATM中割と稼働時間あ害のが三井住友銀行などです。

ですが銀行振り込みで返済には振込先のSMBCモビットの口座が15時以降反映されなくて、15時以降返済すれば翌日扱いで、余計な利息発生の可能性もあります。覚えておきましょう。

SMBCモビットって【手数料】かかる?手数料無料?

SMBCモビットを利用するときの手数料に関しては基本的には無料です。

例えば、契約をする際にはカードによっては入会金を取られたり、年会費を取られるといったような手数料が発生しますが
SMBCモビットではそういった費用は一切かかりません。

 

また、SMBCモビットでATMを利用する際には自社管理しているATMでの利用については返済、借入どちらでも手数料が無料になっています。

 

その他にも三井住友銀行のATMでの利用が無料となっておりますし、三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行の口座を持っているときには、銀行と連携をすることによって自動引き落としが無料になります。

その他ソニー銀行や、楽天銀行など一部のネット銀行では回数の制限があったりしますが、無料で取引を御行うことが可能です。

 

 

ただし、コンビニなどの提携ATMでは手数料が発生するケースがあります。

 

取引金額によって手数料は異なり、1万円以下の場合ですと入金も出金も一律108円、1万円を超える場合ですと入金も出金も一律216円となっております。

 

(ただし、famiポートやLoppiといったマルチメディア端末の利用については、入金のみ無料で利用可能)

 

手数料が発生するケースもありますので、手数料を払いたくないときには無料で行える方法を選んで返済や借入をしましょう。

SMBCモビットは【保険証】だけで借りれる?

モビットでお金を借りたいときに必要な本人確認書類は、運転免許証が最も好ましいです。運転免許証は本人確認書類として強力な証明証ですので、取得しているならそれを提示するのがベストです。しかし、誰もが運転免許証を持っているわけではないはずです。

 

そこで、モビットでは健康保険証も、本人確認書類として認められています。本人の住所、氏名、生年月日等がわかる保険証の写しを用意します。このとき気をつけたいのは、健康保険証の有効期限です。健康保険証には有効期限があらかじめ定められていますが、これを超過している健康保険証では本人確認書類として認められないかもしれません。ですので、健康保険証の有効期限が切り替わるタイミングでは特に注意し、誤って有効期限の切れている健康保険証の写しを提出しないように注意して下さい。健康保険証の有効期限はわりと早いサイクルで切り替わりますので、お金を借りる前にはしっかりチェックしておかないといけないです。
 

また、場合によっては健康保険証以外に、収入証明書類の写しが必要なこともあります。所得証明書の写しや給与明細書の写しが必要な場合もありますので、心配なら用意しておくと準備万端です。

つまり、モビットでは健康保険証の写しや収入証明書類の写しがあれば借り入れが可能です。

 

SMBCモビットの【限度額引き上げ】ってできる?

増額審査の時収入証明書用意する必要があります。

 

そしてこれは貸金業法といった法律で定められていて、SMBCモビットに限らず他社キャッシングサービスでも一緒です。

 

収入証明書類で有効なのは源泉徴収票税額通知書等の写しです。

 

利用限度額行き上げ審査を通るには全部で3つのポイントを知りましょう。

 

量限度額引き上げ審査に通過する見込みほとんどなくても申請して審査通らなくてはかえってマイナスになることも。

 

返済実績ない方に対してSMBCモビットが利用限度額引き上げてくれるケースはめったにないです。なぜかといえば利用限度額引き上げてしっかり返済してくれなければ困ります。

最低6か月以上の返済実績なければベンド額引き上げ難しいです。そして契約して6か月以上経過しても利用してなければ実績になりませんから注意しましょう。

 

他社キャッシングサービスから多額借入してれば利用限度額引き上げることは難しいです。多額の借入あれば返済が滞るケースがあります。

 

その方の収入とのバランスもあって~円以上借入してれば審査通らないと決まってるのではなく、借入額大きいほど審査通過しにくいのは事実。複数社からキャッシングしていれば金利低い会社に一本化するのを検討してみてください。

SMBCモビットは【アルバイト】でも借りれる?


 

SMBCモビットの利用条件は20歳以上69歳未満で安定した収入を得ている人となっています。雇用形態に関しては特に記載されていないので利用条件に該当していればアルバイトでもお金を借りる事が出来ます。

 

しかしアルバイトは審査で不利になる事もあるので注意が必要です。そこでアルバイトがSMBCモビットでお金を借りやすくするためのコツを見ていく事にしましょう。

借入希望額を少なくする
SMBCモビットにキャッシングの申し込みをする時に借入希望額を申請します。しかしアルバイトは基本的に収入が高くないので借入希望額を多くしてしまうと返済するのが困難になってしまうのではないかと疑われてしまいます。

 

それで審査に落ちてしまう可能性があるのでアルバイトがSMBCモビットでお金を借りる時は借入希望額を少なく申請する事が大切になってきます。

クレジットカードの実績を作っておく
SMBCモビットは審査で信用情報に残っている過去のクレジットカードの利用履歴なども見ます。
それでクレジットカードを正しい方法で利用した履歴が残っていると信用度が高まりアルバイトでも審査が有利になります。それでお金を借りやすくなるのでアルバイトがSMBCモビットにキャッシングの申し込みをする前にクレジットカードの実績を作っておきましょう。

SMBCモビットは【主婦】でも借りれる?(パート・専業主婦)

パートをされている主婦の方
パートに関しましては通常通り審査を行うことができます。その際に収入を証明出来る給料明細や源泉徴収表などの提示が求められます。またパート先に在籍確認と言って、個人名で電話がいきちゃんと勤務されているか確認される場合もあります。

ある程度の収入があれば夫の収入に関係なく借り入れをすることができます。また原則年収の3分の1以上は借り入れをすることができないのでご注意ください。

 
専業主婦の方
専業主婦に関しては原則借り入れができません。理由は収入がないからです。

しかし夫が収入がある場合は配偶者貸付といって配偶者の収入とトータルして年収の3分の1まででしたら借り入れができるという制度があります。これを利用する際はまず夫の同意が必要になります。
借り入れをする旨を伝え、夫の給料明細や源泉徴収表が必要になります。

 

また通常の審査と違ってそのほかに夫との関係を示す婚姻関係証明書や夫の同意書も必要になってきます。用意する書類が多いので専業主婦が借り入れをするには少し大変になるかもしれません。なかなかお金を借りるの夫に伝えにくい人もいると思いますが、夫に伝えず必要書類を自分で書いたりすると文書偽造にあたるので絶対にいしないようにしてください。

 

ただあくまでも専業主婦の借り入れは法律では認められていますが、強制的なものではないので、貸金業者によってできるできないはありますのでSMBCモビットでも絶対借りられるというわけではないのでご注意してください。

SMBCモビットは【学生】でも借りれる?


20歳以上の学生で、なおかつアルバイトなどでの定期的な収入を得ている人ならば、SMBCモビットからお金を借りることが可能です。

例えばアルバイトの月収が8万円で、年収が約100万円であれば審査を通過する確率はかなり高いです。審査を通過するポイントは、返済能力です。

つまり、アルバイトを継続的に行っており、毎月収入を得ていれば、審査を通過する確率が高くなるのです。

このため、SMBCモビットにキャッシングの申し込みをするときには、アルバイト勤務先の会社名や電話番号を記載する必要がありますし、年収も記載する必要があります。すると、キャッシングを申し込んだあと、SMBCモビット側から匿名でアルバイト勤務先に対して、学生が実際に働いているのか否かを確認する在籍確認を行います。学生がアルバイト先に在籍していることが確認できれば、審査はとおります。

一方、19歳以下の年齢の学生は、モビットからはお金を借りることはできません。審査で落ちてしまいます。そして、19歳以下の年齢の学生の場合は、アルバイト収入が毎月10万円あったとしても、審査で落ちてしまいます。
19歳以下の学生が借金をしたい場合には、「学生ローン」の利用をお勧めします。内容はほとんどモビットと同じですが、学生ローンを手掛ける会社であれば、継続的なアルバイト収入があれば19歳以下の学生でも審査をとおり、お金を借りることができます。