スタジオジブリ【魔女の宅急便】


この作品は宮崎駿監督のスタジオジブリ長編映画作品で初めての他者の原作によるもので原作は角野栄子さんの同名の児童書である。魔女のお母さんと普通の人間のお父さんから生まれた主人公のキキが魔女になるため他の町で色んな経験をし成長していく姿を描いている。

魔女には13歳で独り立ちするという掟がある。満月の夜に黒猫のジジとお父さんのラジオを持って魔女のいない町を探して旅立っていく。綺麗な満月の夜だったが急に雨が降ってくる。急遽電車の中で雨宿りし、そこで一夜を明かした。朝起きて外を見るとどこまでも続く海が広がっていた。キキは綺麗な海と時計台に惹かれ、この町に住むことを決意する。

最初にコリコの町に降り立とうとした時バスにぶつかりそうになり警察沙汰になる。町の人の反応も冷ややかで希望いっぱいでやってきたキキは自信を失いかける。ですがふとしたきっかけからグーチョキパン店のおかみさんのおソノさんに出会う。

優しいおソノさんに支えられながらほうきで飛べることを利用して魔女の宅急便を始める。最初はなかなかうまくいかず、魔法が弱くなり飛ふ事が出来なくなった事もあったが色々な荷物を運びながら色んな人との出会いを通じて大きく成長していく。

歴代の【スタジオジブリアニメ】一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする