スタジオジブリ【紅の豚】

作品の舞台は第1次大戦後の世界大恐慌の頃のイタリア、アドリア海です。

主人公は豚の姿をしたポルコ・ロッソ。飛行艇乗りで、真紅の飛行艇で飛行艇を乗り回す海賊ならぬ空賊たちを相手にする賞金稼ぎをしています。ポルコはもともとイタリア空軍のエースでしたが、戦争後退役して賞金稼ぎをしています。なぜ豚の姿なのかはわかりません。

このポルコを目の敵にしているのがマンマユート団と呼ばれる空賊で、彼らはいつもポルコにやられてばかりです。そんなこともあってマンマユート団が打倒ポルコを目指し、助っ人を依頼したのがアメリカ人のカーチスです。カーチスとの初戦、ポルコは破れてしまい、ポルコの飛行艇も撃墜されてしまいます。

飛行艇を失ったポルコは昔なじみのミラノにあるピッコロ社に新たな機体の作成を依頼します。そこで飛行艇の設計を任されたのがピッコロの孫で17歳の少女フィオでした。ポルコはフィオがあまりに若く、女の子でもあったので愛機設計を任せることをためらいましたが、フィオの情熱に負け、愛機を任せることにしました。

イタリアの政権にも目をつけられていたポルコは、ミラノでもイタリア政府の手のものに付け狙われますが、ようやく愛機も完成し、間一髪のところで政府の追ってから逃れるためにアドリア海へ出発します。その補助座席にはフィオの姿がありました。初めて自分の手で作った飛行艇をテストもしないで引き渡すことができないといってポルコに頼み込んで乗せてもらったのでした。

一方そこの頃アドリア海ではポルコを倒したカーチスが、飛行艇乗りの憧れでホテル・アドリアーノの歌手ジーナに求婚しますが、それを断り、ポルコの帰りを待ちます。ジーナはポルコの事が好きなようですが、ポルコは豚。そのあたりの事情はどうやらポルコが人間だったころにあるようです。

アドリア海に戻ったポルコはすぐにマンマユート団に発見され、カーチスと対決することになりますが、ジーナに振られたカーチスはフィオを見て一目ぼれしてしまい、フィオをかけてのポルコVSカーチスの決闘がはじまります。この世紀の対決を見ようとイタリア中の空賊たちが集まってきました。はじめは飛行艇での勝負でしたが、決着がつかず、両者飛行艇を降りて海中での戦いとなり、最後はボクシング対決となります。
一方世紀の対決の情報はイタリア空軍にも伝わり、集まる空賊たちを一網打尽にする絶好のチャンスということで、空軍が空軍捕獲作戦を計画します。この情報を察知したジーナは急いで対決の現場に向かいます。

対決は辛くも両者のノックアウトかと思われたとき、ジーナが現場に到着し、その声を聴いてポルコが何とか立ち上がったことで、ポルコが勝利。無事にフィオもカーチスから守ったのでした。空賊たちもジーナから空軍の情報を聞き散会していきました。
物語の中ではポルコがなぜ豚になったかは明らかにされていませんが、「飛べない豚はただの豚だ」というセリフやジーナがカーチスを振ってポルコを待ち続けていることからもポルコがかつて魅力的な飛行艇乗りだったことが伺われます。紅の豚は豚が主人公の物語ではありますがカッコいい男たちの物語です。

歴代の【スタジオジブリアニメ】一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする