格安スマホのデメリット※失敗しないスマホ乗り換え

近年「格安スマホ」というジャンルの携帯電話が流行しています。ドコモ・ソフトバンク・auといった、大手キャリアのスマートフォンと比較しても、非常に安い料金で利用できると話題の格安スマホ。

この記事ではキャリアスマホと格安スマホの違い、そして格安スマホの【メリット】・【デメリッット】について解説したいと思います。

・携帯代が高い!なんとかならないか?
・格安スマホ、興味あるけど大丈夫なの?

こういった方の参考になると幸いです。

格安スマホ

格安スマホとは本来スマホ本体の事を指していましたが、最近では主に格安SIMの事も含めて【格安スマホ】と呼ばれる事が多くなりました。

SIMとは、携帯会社が発行するスマホの中に入っている小さなカードで、

その携帯会社のSIMを使う=その携帯会社を利用している

という事になります。

ですから、SIMを変更すれば同じスマホでも料金が安い携帯会社に乗り換える事ができます。

ドコモ・AU・ソフトバンク = キャリアスマホ
UQ・楽天モバイル・mineo・その他 = 格安スマホ

と呼ばれています。

※実際にはMVNOという名称ですが『格安スマホ』という方が一般的です。

格安スマホとキャリアスマホの違い

格安スマホの業者はドコモやAUから回線を借りて運営しています。ですから、通信の優先度が低いため、通信速度がキャリアスマホに比べ格安スマホは劣ります。

また、格安スマホは店舗を持たない事や、余計なサービスをカットされています。

そういったコストカットによって、キャリアスマホより遥かに安い料金が実現されています。

キャリアスマホ = 月々平均8千円
格安スマホ = 月々平均2千円

1人平均でもこれくらいの差がでますので、夫婦でスマホを持っている方、家族でスマホを持っている方、全員がキャリアスマホから格安スマホに乗り換えられたら、かなりの大きな差額になると思います。

但し、格安スマホは圧倒的に料金が安い分、デメリットも存在します。

安易に乗り換える前に、しっかりと格安スマホのデメリットを知りましょう。

格安スマホの【メリット】・【デメリット】

【格安スマホのメリット】

格安スマホのメリットは何と言っても圧倒的な料金の安さです。先ほども軽く説明しましたが、キャリアスマホだと月々平均8千円くらいですが、格安スマホは月々平均2千円程です。

契約する内容に変わりますが、抑えようと思えば千円以下にする事も可能です。

キャリアスマホに比べて圧倒的な安さと言えます。

【格安スマホのデメリット】

格安スマホにはいくつかのデメリットがあります。乗り換えられる場合は必ずデメリットをチェックした上で乗り換えましょう。実際に利用してみたデメリットの優先度で紹介したいと思います。

格安スマホのデメリット1 1日に2回 ネットが繋がりにくい時間帯がある

格安スマホは1日に2回、ネットが繋がりにくい時間帯があります。『お昼休み』・『夕方の帰宅時間帯』です。
12~13時、17時~19時くらいの時間帯です。

17~19時はそれほどでもないです。遅くならない事もありますし、ネットが繋がらない程ではないです。ただし、12~13時はストレスを感じる繋がりにくさだと思います。

LINEなどを利用するのは問題ないですが、動画はもちろん、写真が多いサイトの閲覧は難しいと思います。

※通信速度は場所や環境によって大きく変わるのでこれは個人的感想です。

ただ格安スマホで通信速度は最大のデメリットと思われていると思いますが、実際メリットも存在します。それは、通信制限を受けた時の速度です。

契約している通信容量を使い切ると通信制限を受けるのはキャリアスマホも格安スマホも同じですが、キャリアスマホの場合通信制限を受けると0.1Mbpsくらいになります。これだと実際何もできませんよね。格安スマホの場合通信制限を受けると0.2Mbpsと倍くらいの速度がでます。

これなら快適と言わないまでも、『なんとか使える速度』です。動画は厳しいですが、ニュース記事を読んだり、SNSをしたりするくらいは可能です。

また、格安スマホは容量を消費せずにこの低速状態にして容量を残せる事も可能なので、普段は低速のままにして速度が必要な時だけ高速モードにする。 という使い方も可能です。

ちなみに、家にwifi環境があり、外出時にそれほどネットを利用しなければ1ヶ月間低速モードのままでも私は乗り切れました。

格安スマホのデメリット2 キャリアスマホのメールアドレスが使えない

ドコモやAUやソフトバンクを利用しているのであれば、~@docomo.ne.jpといったキャリアのメールアドレスを使っていると思いますが、これは格安スマホに乗り換えたら使えなくなります。新しく乗り換える先の格安スマホのメールアドレスを使う事になります。
iPhoneであれば、@icloud.com を利用されてもいいですね。

格安スマホのデメリット3 キャリアスマホのサービスが受けられなくなる

これも当然ですが、ドコモやAUやソフトバンクでこれまで受けていたサービスは受けられなくなります。新しい乗り換え先のサービスを受ける事になります。

だいたいこれらが格安スマホのデメリットになります。実際に私も格安スマホ(mineo)を利用していますが、大きな問題も不自由もなく使っています。

平日のお昼休み時間帯はネットは繋がりにくいのでこれが許容できない方は格安スマホは止めた方が良いかもしれません。

ただし、モバイルルーターと併用している場合やwifi環境が整っている方は、あとはそれほど許容できないデメリットではないと思いますので、是非おすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする