【格安スマホ】をおすすめできる方、できない方

格安スマホのデメリットはしっかりと確認されたでしょうか?

確認されていない方はもう一度確認しておきましょう。

何度も言いますが、
ただ「料金が安くなる!」と飛びついてドコモやAU、ソフトバンクといったキャリアから乗り換えると失敗する方も必ず出てきます。

重要なのは、

必ず【格安スマホのデメリット】と【格安スマホの料金(メリット)】を天秤にかける事です。

そうやって格安スマホを選ばれた方は、アンケート調査の結果「不満」と答えた方は1人もいませんでした。

では、この記事で格安スマホをおすすめできる方、できない方の解説をしたいと思います。

格安スマホをおすすめできない方

常に快適な通信環境でなければいけない方

格安スマホは回線が込み合うと通信が遅くなる場合があります。特に平日のお昼休みの時間滞は繋がりにくくなるので、お昼休みに快適な通信を楽しみたいのであれば格安スマホはおすすめできません。

また、それ以外で普段使っている時は気づかないと思いますが、平均的な回線の上限が低くなります。

イメージで言うなら、水道のホースの太さが違うというイメージです。

インターネットで使用するデータを水に例えれば、スマホで普通にサイト閲覧や、Youtubeの通常画質程度であれば、水をチョロチョロ流すイメージですから細いホースでも問題なく出てきます。
しかし、アプリのダウンロードなどは、ホースの太さを超える水の量が落ちてきます。
細いホースであれば、全て水を出し切るのに時間が掛かるのと同じで、こういう時に「遅い」と感じるでしょう。

ネット事は全く分からない、理解する気もないという方

格安スマホを取り扱う会社をMVNOといいますが、

「店舗」を持っているMVNOは少ないです。店舗を持っているMVNOでさえ、キャリアに比べれば圧倒的にその数も少ないので、近くに店舗が無い場合は、やり取りが電話か、公式サイトでインターネットでやり取りを行う事になります。

これだと何かあった場合にスピーディに問題を解決する事は難しくなります。

また、格安スマホの契約もネットで行う事がほとんどですが、simの交換も自分で行う必要があります。

このsimの交換は、郵送で届いたsimに交換方法が書いてありますのでそれを見ながら交換すれば、ほとんどの方は交換可能だと思いますが、

「全く分からない、理解する気もない」という方には難しいでしょう。

さすがに「wifiって何?」というレベルで理解する気もないのであれば、格安スマホはおすすめしません。

通常の電話回線で長電話する事が多い方

格安スマホは「ネット通信の料金は安い」ですが、通常の「通話料金は高い」というのが通例です。

通常料金はキャリアスマホよりも高く30秒で20円が相場です。

ですから、通常の電話で長電話される方に格安スマホはおすすめできません。

しかし、2つ方法があります。

1つ目は、「LINE」などのアプリでネットを使って通話する方法

これであれば通常の電話回線は利用しませんから電話代はかかりません。
家族や身内、友人などでLINEでお話する方は多いと思いますからそれで足りているのであれば問題ないでしょう。

2つ目は、「格安スマホのかけ放題サービス」を使って通話する方法

最近では格安スマホでもかけ放題サービスというのが始まりました。
キャリアスマホのような感じではないのですが、

【5分何度でもかけ放題】【10分何度でもかけ放題】【月間60分かけ放題】というような感じのサービスです。
月額料金を払う事でそういうかけ放題も始まっているのでこういったサービスで問題なければOKです。

この上の2つの方法ではダメ、どうしても通常の電話回線で長電話しなければダメなんだ!

という方は残念ですが格安スマホは絶対おすすめしません。

キャリアのサービスが使えないとダメという方

格安スマホに変更するというのは、今使っているスマホがドコモやAUやソフトバンク、、
そちらのサービスが使えなくなります。

特にメールアドレスには注意が必要になります。
~@docomo.ne.jp といったキャリアのメールアドレスは使えなくなります。

格安スマホで新しいメールアドレスを取得できますのでそちらのメールアドレスを使う事ができます。
もしくはgmailを取得されている方も多いと思いますが、そちらのメールアドレスを使われてもOKです。

どちらにせよ、それまでキャリアのメールアドレスを使っていた方はそのアドレスが使えなくなります。

最近ではメールよりもLINEを使われる事の方が多いのではないでしょうか

LINEはメールアドレスは関係ありません。
また、格安スマホに変えてもLINEを使う事は可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする