スタジオジブリ【火垂るの墓】

舞台はまさに戦時中。14歳の兄▪清太と、4歳の妹▪節子。
ドロップの缶の中から出てきた白い破片から、節子がパッと姿を出す…

時は戻り、空襲から逃れるも母親とはぐれてしまい、清太が再会した時にはもう…途方にくれる清太だが、妹がいる事で何とか保つ事ができ節子に母親が亡くなった事は知らせないまま、親戚を頼りに居候する事になるが、そこの叔母さんは清太や節子に冷たく接する。
お風呂の帰りに清太が節子にドロップをあげ、節子はとても喜び…後にそのドロップ缶は清太にとって忘れられないものとなる。

よくよく考え嫌になったのか清太は節子を連れて家を出る決意をする。楽しい暮らしだった…誰にも遠慮せず、文句も言われず、2人で好きな事をして過ごす毎日。しかし、そんな日も長くは続かない。

とある時、戦争で兵隊としてかり出されていた父親がなくなったという知らせを聞き、絶望的になり帰宅した清太。そんな中、節子は『栄養失調』になり日に日にみるみるうちに元気をなくし弱って行ってしまう。

14歳の兄は、妹を守りきる事ができるのか?!兄妹は、無事に元気に暮らす事ができるのか?
戦時中に、父親母親共に亡くし兄妹だけでささやかで慎ましながらも確かに一生懸命に生きていた…

歴代の【スタジオジブリアニメ】一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする