【コンセントに挿すだけ】wifiインターネット/おすすめホームルーター

おすすめのホームルーター

「コンセントに挿すだけでインターネットができるルーターは?」
「工事不要でインターネットしたい」という方に

おすすめの方法【ホームルーター】について解説していきたいと思います。

この記事で分かる事

  • ホームルーターとはコンセントに挿すだけでインターネットが可能になるwifiルーター
  • WiMAXとソフトバンクで通信回線の契約が可能
  • おすすめはWiMAXのホームルーター

ホームルーターとは

ホームルーターとはコンセントに指すだけで使用できるインターネット接続端末のことです。


Speed Wi-Fi HOME L01s

光回線のルーターは屋外から引き込んだ光回線を接続し、ルーターとパソコン等を接続することでインターネットを利用することができるようになりますが、ホームルーターは屋外から光回線を接続する必要はありません。

WiMAXのモバイルルーターをイメージしていただくとわかりやすいと思います。WiMAXのモバイルルーターは配線等は不要で、基地局からモバイルルーターを経由して電波を繋ぎ、インターネットに接続できますよね。

同じ仕組みで、ホームルーターも基地局からホームルーター間は無線で電波を飛ばしています。

そしてホームルーターとパソコン等を有線もしくは無線で接続することでインターネットが利用できるようになります。

ホームルーターとモバイルルーターの違いは屋外への持ち運びが可能かどうかです。

モバイルルーターはバッテリーを内臓しており、屋外へ持ち出して使用することができます。一方でホームルーターはコンセントがなければ利用できず、またルーターのサイズもモバイルルーターに比べて大きいため、外へ持ち運ぶには向いていません。
このホームルーターを利用する為には、光回線等と同じように回線の契約をする必要があります。契約することで、基地局からホームルーター間の電波を利用することができるのです。

ホームルーターのメリット・デメリット

では、ここからはホームルーターのメリット・デメリットについて説明していきたいと思います。
現在主流となっている光回線、モバイルルーターと比較した場合のそれぞれのメリット・デメリット毎にまとめています。

ホームルーターのメリット

工事不要ですぐにインターネットが可能

まず一つ目に工事が不要ということです。光回線の場合は契約から回線工事をしてインターネットが利用できるようになります。契約から回線開通までの所要日数も1月程度かかってしまう場合があります。また、工事には立会いが必要となり個人のスケジュールを合わせるのも大変ですよね。

一方でホームルーターは契約後、ホームルーターが届けば、すぐにインターネットを利用することができます。回線工事を待つ必要もなく、当然工事に伴う立会いも必要ありません。

光回線に対応していないエリアで使える

光回線に対応していないエリアでも使えるということです。

光回線ですとフレッツ光が最大手で、全国各地で光回線の導入を進めています。ですが、まだまだ光回線が使えないエリアも残っており、そのような地域で固定回線を利用する場合はADSLを利用する他ありません。

ホームルーターの場合、光回線が整備されていない地域であっても利用できるというメリットがあります。また、ADSLに比べても最大通信速度は圧倒的に速いという特徴があります。

通信エリアが広いから家族で共有したり複数の部屋で利用する場合に有利

モバイルルーターよりも通信エリアが広いということです。モバイルルーターは屋外へも持ち運びできるようポケットサイズに小型化されています。屋内であっても屋外であっても持ち運びすることを前提とした作りになっています。

一方でホームルーターは家に据え置いていても家族全員がWiFiを利用できるようモバイルルーターに比べて電波が強くできています。モバイルルーターの場合通信エリアはルーターから半径10m~15m程度となっていますが、ホームルーターであれば半径40~50m程度の距離まで電波を届けることができます。

一人暮らしであれば、自分の近くにモバイルルーターを置くだけでインターネットが利用できますが、家族で共有したり複数の部屋で利用する場合はモバイルルーターでは思うように電波を拾うことができない為、ホームルーターがオススメです。

モバイルーターに比べ通信が安定している

二つ目にモバイルルーターに比べて安定して通信速度が出るということです。ホームルーターは据え置き型である為電波が強いと説明しましたが、電波が強いために通信速度もモバイルルーターに比べて高くなります。

ホームルーターのデメリット

光回線に比べて不安定な点

まず通信回線が光回線に比べて不安定であるということです。光回線が基地局からルーターまでを有線で繋げているのに対し、ホームルーターは基地局からホームルーター間を無線で繋げているため、光回線に比べて通信回線がやや不安定になります。

光回線に比べると通信速度が劣る

光回線に比べて通信速度が低いことです。光回線が通信速度最大1Gbpであるのに対し、ホームルーターは最大でもWiMAXの440Mbpsとなります。光回線に比べて約半分程度の最大速度となっています。

屋外への持ち出しが不可である事

WiMAXと比較した場合のデメリットは、屋外への持ち運びができないことです。モバイルルーターは手のひらサイズである為、屋外へ持ち出し利用できますが、ホームルーターはサイズが大きく屋外へ持ち出すことが難しいです。また、利用するためにはコンセントも必要となるため、屋内だけでの利用に限られてしまいます。

ホームルーターの現状

ここまで、ホームルーターのメリットデメリットについて説明しましたが、ホームルーターを取り扱っている所はどのような会社があるのかについて説明していきます。
現状、ホームルーターを出している会社はWiMAXソフトバンクの2社です。

WiMAXではSpeed WiFi HOMEシリーズというホームルーターを販売しています。

WiMAX➡Speed Wi-Fi HOME L01s

ソフトバンクではソフトバンクAirというシリーズを販売しており、ホームルーターを契約するのであれば、このどちらからか選ぶ事になります。

ソフトバンク➡SoftBank Air

この2種類になります

WiMAX とソフトバンクの違い


では、Speed WiFi HOMEとソフトバンクAirではどのような違いがあるのかについて説明していきます。
まず、一つ目の違いとして、通信速度があります。WiMAXのSpeed WiFi HOMEは最大通信速度が440Mbpsであるのに対して、ソフトバンクAirは最大261Mbpsとなります。

最大通信速度を比較するとWiMAXの方が2倍近い速度であることがわかります。動画や音楽を聴く程度であれば、どちらもストレス無く利用することはできますが、オンラインゲームの様に頻繁にデータ通信をする場合はソフトバンクAirでは物足りない通信速度でしょう。
二つ目の違いとして、データ制限があります。WiMAXの場合は3日で10Gバイトまでというデータ制限があります。この制限を超過してしまった場合、翌日の混雑時間帯(18時~翌2時頃まで)にかけて通信制限がかけられます。

通信制限がかかってしまった場合の通信速度は概ね1Mbps程度となってしまいます。

一方でソフトバンクAirの場合はデータ制限はありません。1日にどれだけ大量にデータ通信を行っても使いすぎによる通信制限を受けることはありません。1日のデータ通信量に制限はないものの、ソフトバンクAirでは混雑時間帯(夜間など)は通信制限をかけられるてしまいます。

おすすめのホームルーターはWiMAX

ホームルーターのメリット・デメリット、さらにはソフトバンクAirとSpeed WiFi HOMEの違いについて説明しました。
ホームルーターを選ぶのであれば、Speed WiFi HOMEをお勧めします。
その理由としては、まず、ソフトバンクAirよりも通信速度が速い事。通信速度は速いに越したことはありません。通信速度が速いということは動画や音楽も快適に視聴できるということです。

次に、通信制限です。ソフトバンクAirは混雑時間帯に通信制限をかけられてしまいますが、WiMAXであれば3日で10Gバイトを超過しない限り通信制限を受けることはありません。

3日で10ギガバイトというのは通常のインターネット利用ではまず超えることのないデータ量です。

また、超えたとしても通信制限がかかるのは翌日の18時~翌々日の2時頃までと8時間程度になります。

ソフトバンクはデータの使用量関係無しに通信制限がかけられてしまうため、余程大量のデータ容量を使用しない限りWiMAXの方が快適にインターネットを利用できます。

WiMAXのホームルーターはプロバイダ毎に料金が変わってきます。

キャッシュバックで選ぶならとくとくBB

とくとくBBWiMAXの公式サイトはこちら➡Speed Wi-Fi HOME L01s

毎月の料金で選ぶならBroadwimax

BroadWiMAXの公式サイトはこちら➡https://wimax-broad.jp/

今月のWiMAXキャンペーン情報

最新【WiMAX】キャンペーン・キャッシュバック情報まとめ/2018年2月
WiMAXの今月のお得なキャンペーンはどこ? 一番キャッシュバックが多いWiMAXのプロバイダはどこ? この記事ではWiMA...

WiMAX キャンペーン


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする