【火の丸相撲】最新刊発売日/21巻はいつ?

身長160㎝の潮火ノ丸は大太刀高校に入学 、意気揚揚と相撲部に入部しようとするが、そこは不良の巣窟でとてもではないが部というものは存在してはいなかった。あきらめない火ノ丸は部長の小関と共に部を立ち上げるべく奮闘するという話です。160㎝と言えば相撲界でいう小兵力士というものではなくハンデにしかならないというものですね。
常識的には無理と言われるものでしょう。しかし火ノ丸はそのハンデをものともせず強者に向かっていきます。それがヤンキーのボスだったり中学相撲のチャンピオンだったりしますが臆せずぶつかっていきます。そんな姿を見て少しずつ仲間が増えていき大太刀高校の相撲部が出来上がり旋風を巻き起こしていくのですね。ただ立ち向かうだけでなく、そこに向かうための努力、もちろん敗北もあります。しかしどんな困難があろうとも敗北が彼をへし折ろうとしてもその度に立ちあがり向かっていくのです。その姿がとても清々しく、またライバル達と切磋琢磨する姿がとても面白いです。
火ノ丸に感化され部員達にも火がつき強くなっていくのが見所ですね。最近にはなかった相撲を題材にした漫画ですがなかなか熱く見てるこっちも盛り上げてくれるので、これで相撲人気にまた火がつくかもしれませんね。

火の丸相撲 最新刊発売日

21巻は未定

火の丸相撲 現在の最新刊

20巻は2018年5月4日発売

火の丸相撲 ファンの口コミ

もともと特殊な才能があるわけでもなく、また生まれつきの能力や体格が備わっているわけでもない主人公の話です。主人公の得た勝利はすべて練習によって培われたものであると実感できる点で、ジャンプ漫画の中でも一番ジャンプ漫画らしい作品です。熱い友情や努力の天才と呼ぶべき姿は、まさに「努力・友情・勝利」に当てはまります。主人公の熱意がとても格好よく、また仲間やライバルたちとの戦いは、読み進めていくほどに、はまっていきます。
相撲と少年マンガがこんなに相性がいいとは思いませんでした。正統派なスポーツマンガです。体格に恵まれなかった主人公・潮を中心に、相撲と本気で向き合う男たちの熱いストーリーです。とにかくキャラクターがみんな魅力的です。最初はヒールで出てきたキャラが、話が進むにつれ応援したくなる…というように、登場人物がみな、直向きに努力していく姿は感動的ですし、だからこそ勝利のカタルシスは大変なものです。試合シーンも手に汗握る迫真の場面の畳み掛けがすごくて、相撲という、比較的短時間で決着がつくからこその怒涛の展開に毎回興奮します。もうホント熱いマンガです。
小さ過ぎる体、という力士にとっては致命的なハンデがありながら、血の滲む様な努力と火の玉の様な闘争心でプロ力士としての道を切り拓いていく潮の姿に、胸が熱くなります。絵も美しく、立会いのシーンの迫力、躍動感は素晴らしいです。主人公の潮だけでなく、個性豊かなチームメイト達も魅力的です。個人的には「国宝殺し」の異名を持つレスリングチャンピオンのチヒロが大好きです。まるでサイヤ人の様な天性の格闘センスや、天真爛漫でちょっとおバカなところが最高。これからの展開が非常に気になります。