光回線【夜だけ遅い?】通信速度/プロバイダ乗り換えで解決

 

光回線は夜になると通信速度が遅くなる傾向にあります。

というのも、まず夜はインターネットの利用者が圧倒的に多い為です。平日の日中を考えて見ましょう。平日の日中は多くの方は仕事をしているため、自宅でインターネットを利用している人は少ないといえます。

 

一方で平日の夜や休日を考えて見ましょう。平日仕事から帰ってきた人がインターネットを利用します。

 
その結果光回線は夜になると通信速度が遅くなりやすいです。特にゴールデンタイムと呼ばれる午後8時頃から翌0時頃にかけては、インターネット利用者が多く、回線が混雑します。

 

 

ここからは、光回線が遅くなる原因について説明をしていきたいと思います。
光回線が遅くなる理由としては、以下のような原因が考えられます。

 

 

光回線でもインターネットが遅くなる事について考えられる2つの理由

サーバーが混雑している

まず、一つ目の理由として考えられるのはサーバが混雑しているという事です。みなさんは普段youtubeやニコニコ動画、Yahoo!JAPAN等を利用するでしょうか。実際多くの人が利用していると思います。これらの人気サイトは夜になると多くのインターネット利用者がアクセスする為、サーバが混雑して通信速度が低下するといった原因が考えられます。

 

 

当然ながら人気サイトはアクセスの混雑を予想してサーバを構築しているため、サーバダウン等は滅多に起こりえませんが、アクセスが集中することにより通信速度が低下することはありえます。

 

 

サーバが混雑している場合は、アクセスしているサーバ側に問題がある為、他のサイトは快適に利用できます。

 

 

プロバイダが混雑している

二つ目の理由として考えられるのは、プロバイダが混雑しているという事です。インターネット利用にはプロバイダとの契約が必要不可欠ですが、このプロバイダでは各エリアの契約人数に応じた通信設備を整備しています。

 

 

但し契約人数が急激に増えたり、同時間帯に大人数がインターネットを利用すると、プロバイダが混雑し、通信速度が低下する恐れがあります。

 

 

特に通信設備が充実していないプロバイダは混雑が起きやすい傾向にあります。プロバイダとしてのシェア上位のOCNやBIGLOBE等は設備も充実しており、ゴールデンタイムであっても回線混雑による影響を受けずらいと定評があります。

 

プロバイダが原因の場合は乗り換えで改善できる

先ほどのサーバーが原因については、基本的にはサーバ、プロバイダが原因となっており、個人での解決は難しいものとなります。
サーバが混雑している場合は、サーバが強化されない限り通信速度が通信速度が大幅に改善されることはありません。

 

 

しかし、プロバイダが原因の場合は、通信速度に定評のあるプロバイダへの乗り換えを検討することで解消できる可能性はあります。

プロバイダの乗り換えを検討する上で考慮したいのが、通信方式IPv6に対応しているかどうかです。

 

 

現在の主流の通信方式はIPv4方式と呼ばれるものです。ですがプロバイダの中には通信方式がIPv6というものに対応している所があります。このIPv6対応のプロバイダを選ぶことで、プロバイダの混雑を回避できる可能性があります。

 

 

例えば、道路を走る車を考えてみましょう。IPv4という道路は現在多くの人が利用しています。その道路の利用者が多ければ当然ながら交通渋滞が起こります。一方でIPv6という新しい道路はまだ利用者が少ないです。

ですので、IPv6という道路では快適に車を進めることができます。

 

まとめ

サーバの混雑が原因かプロバイダの混雑が原因かは、通信速度が低下している時間帯にアクセスの少ないサイトにアクセスすることで判断できます。人気サイトへのアクセスのみが遅いのであれば、サーバが混雑していることが原因と考えられます。

 

ゴールデンタイムにサイトに限らず通信速度が低下するのであれば、プロバイダが混雑していることが原因と考えられます。

 
プロバイダが原因となっている場合は、IPv6対応のプロバイダへの乗り換えを検討してみましょう。