工事不要で【光回線】を利用する事ってできないの?

スポンサーリンク

光回線の導入には基本的に工事が必要となります。
但し、一部自宅での工事不要となるケースがありますので紹介したいと思います。

 

戸建住宅や集合住宅の多くは光回線の導入されていない為、光回線を利用する場合はインターネット回線事業者に光回線の導入工事をしなければならず、その場合の工事費は数万円程度かかってしまいます。
但し以下のような場合に限り、自宅での工事が不要となります。

 

光コンセントが設置されている場合

マンション等の集合住宅タイプやメゾネット住宅等の戸建住宅タイプにおいては、光コンセントというものが設置されている場合があります。部屋の中にテレビコンセントや電気コンセント等と同じように光コンセントが設置されている場合です。
この光コンセントは一体型タイプと分離型タイプの2タイプがります。
一体型タイプは、テレビや電気コンセントと一体となったコンセントになっているタイプです。
分離型タイプは、光コンセント専用のコンセントが単独で設置してあるタイプです。これらの光コンセントには「光」もしくは「光コンセントSC」の文字が記されており、これが光コンセントにあたります。

 

この光コンセントが既に設置されている場合、屋外から屋内への光回線設備の導入工事が完了しているということになります。
ですので、プロバイダを探して所定の手続きを行えば、工事不要でインターネットを利用することができるようになります。この場合、自宅での工事は不要となり、これを無派遣工事と呼びます。通常工事費が2~3万円程度かかる所、無派遣工事の場合は2~3千円程度の費用となります。
これらの光コンセントの多くは前の住人が光導入時に設置したものです。賃貸物件においては、原状回復が原則となっており、入居時に光回線導入工事をしている場合は退去時には原則元に戻す必要があります。
但し、大家や管理会社が光コンセントの撤去をしていない場合があります。近年では光回線は一般的に普及してきていることや、誰かが入居する度に光回線の導入工事をされることを嫌い、光コンセントをそのまま残している物件が稀にあります。
そういった物件を探し当てることができれば、光回線導入工事が不要となる場合があります。
但し、既に光回線が屋内まで導入されているといっても、経年劣化等により回線事業者が改めて工事が必要と判断する場合もありますので注意が必要です。

 

導入されている回線以外の回線を利用したい場合も、改めのの導入工事は必要になりますので注意しましょう。

 

 

工事不要でインターネットでするならモバイルルーターやホームルーターという方法も

【モバイルルーター】というと外でインターネットをする為だけの通信端末

というイメージがありますが、実はそうではありません。

一昔前までは確かにそうだったかもしれませんが、無線通信のスピードが以前より格段に上がっています。
今では外出先だけではなく、家の中でも利用できるインターネット回線として人気があります。

工事不要でインターネットするならモバイルルーターおすすめ!

モバイルルーター 無制限

 

 

【ホームルーター】というのはモバイルルーターと仕組みは同じですが、電源がバッテリーではなくコンセントを電源に繋ぐ事でネットができるタイプで室内専用となります。

ルーターを家から持ち出さない という方はこちらの方がおすすめです。

参考【コンセントに挿すだけ】wifiインターネット/ホームルーター

 

 

【無制限】モバイルルーターの選び方※「WiMAX」と「ポケットwifi」どっちがおすすめ?
・月間無制限で使えるモバイルルーターはどこがいい? ・WiMAXとポケットwifiどっちがいいの? ・工事不要で使えるインターネット回線ってないの? この記事では月間無制限で使えるモバイルルーターについてご紹介した...