光回線って【電話のみ・ネットのみ】の契約って可能?

スポンサーリンク

通常、光回線は光回線の契約(インターネット契約)にオプションという形で電話サービスをつけることになります。ですから光回線の契約で電話オプションはつけずに、インターネットのみを選択することが可能です。
また、インターネットを利用しない人であっても、光回線を利用したIP電話のみを契約することも可能です。光回線を利用した電話サービスは通常の電話とことなりIP電話というものになります。通常の固定電話はNTTの電話回線を利用して通話を行いますが、IP電話は光回線を利用してIP電話を行います。

 

 

ここからは、全国でサービスを提供している回線事業者大手2社の例で見てみましょう。
まず、回線事業最大手のフレッツ光の例です。

 

フレッツ光の場合

フレッツ光の場合、料金プランは集合住宅と戸建住宅で異なっています。また、インターネット利用の為には回線事業者(NTT東日本・NTT西日本)との契約の他、別途プロバイダとの契約が必要となります。
 
フレッツ光では数あるプロバイダの中から自分の好きな所を選べるようになっており、プロバイダ毎に月額料金やサービスが異なってきます。今回は全国シェア№1であるOCN(集合住宅月額900円、戸建住宅月額1,100円)を例にしたいと思います。

 

集合住宅の場合はフレッツ光回線料金が月額3,050円、そして別途プロバイダ料金900円がかかります。
上記料金でインターネットを利用することができます。これに加えて月額基本料金500円でひかり電話オプションを追加することができます。インターネットとひかり電話を組み合わせた料金は4,450円となります。
 

一方で戸建住宅の場合は回線利用料金が4,700円にプロバイダ料金1,100円とひかり電話オプション500円がかかります。月額6,300円でインターネットとひかり電話を利用することができます。
光電話を利用しない場合は上記の料金からひかり電話オプション料500円を差し引いた利用料金でインターネットのみ利用することができ、集合住宅3,950円、戸建住宅5,200円で利用可能です。

 
では、電話のみを利用したい場合はというと、光電話を利用する場合、プロバイダ契約は不要ですが、回線事業者との契約は必要となります。プロバイダはインターネットへ接続する為のID、パスワードを発行・管理する会社である為、ひかり電話のみを利用する場合は契約の必要はありません。

 
フレッツ光で電話のみを利用する場合、集合住宅であればフレッツ光の回線利用料3,050円とひかり電話オプション500円の計3,550円となります。戸建住宅の場合は、回線利用料4,700円とひかり電話オプション500円で、計5,200円となります。

 

 

au光の場合

では、次にもう一つの回線事業者であるKDDIが提供しているau光の場合で見てみましょう。
au光の場合も料金プランは集合住宅と戸建住宅で異なっています。

 

但し、au光の場合はフレッツ光と異なり回線利用料とプロバイダ料金は合算されています。au光でインターネットと光電話を利用する場合、集合住宅で3,800円(プロバイダ料含む回線利用料)+ひかり電話オプション500円の計4,300円で利用できます。
戸建住宅の場合、5,100円+ひかり電話オプション500円の計5,600円で利用できます。

 

ひかり電話を利用せず、インターネットのみの場合は、上記金額からひかり電話オプション500円を差し引いた3,800円、5,100円で利用することができます。
au光はそもそもプロバイダ料と回線利用料金がコミコミでの利用料金となっていますが、インターネットは不要で光電話のみとした場合はどうでしょうか。

 

au光の場合、ひかり電話のみの契約は集合住宅に限られます。戸建住宅でひかり電話のみを契約することはできません。集合住宅でひかり電話のみを利用する場合、月額1,400円から利用することができます。

 

 

【無制限】モバイルルーターの選び方※「WiMAX」と「ポケットwifi」どっちがおすすめ?
・月間無制限で使えるモバイルルーターはどこがいい? ・WiMAXとポケットwifiどっちがいいの? ・工事不要で使えるインターネット回線ってないの? この記事では月間無制限で使えるモバイルルーターについてご紹介した...