スタジオジブリ【崖の上のポニョ】

海沿いの漁村に住む幼稚園の男の子と、彼に助けられて魚の物語です。ポニョは海底に住む人面魚で、同じく海底に住む研究者である人間のお父さんと、海女神であるお母さんの間に生まれます。頑固で活発で行動力のあるポニョは、海で助けてくれた男の子、そうすけに再会するため、海から飛び出し津波を起こして人間になり、会いに行きます。

ポニョとそうすけの楽しい生活が始まりますが、それもつかの間、町では台風の影響で大津波が発生し、町は海に沈んでしまいます。そこから、そうすけのお母さんに会いに行くため、二人は奮闘します。ポットは不思議な力でおもちゃ船を大きくし、古代魚が泳ぐ町をおもちゃの船で進みます。ちょっとたよりないけれど心やさしいそうすけと、活発で手のつけられない元気いっぱいのポニョが見ていてほほえましい作品です。

そうすけのお母さんが働く老人ホームにいる、偏屈なおばあさんトキさんとの交流はほほえましく、海に沈んだ町ではしゃぐおばあさんたちはとても可愛らしく描かれており、絵本のような世界が広がっています。それでもそこはさすがジブリなので、ポニョとそうすけの大きな決断には、こちらも嬉しくて涙してしまいます。ポニョという一人の女の子の行動力と元気が印象的なアニメです。

歴代の【スタジオジブリアニメ】一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする