英語を習う前に読んでおきたい一冊【英会話不要論】

タイトルだけ見ると「え?」と思ってしまいます。東京オリンピックを控えて、海外からの観光客も増えて、英会話がこれほど必要な時期もない日本で「英会話が不要とは?」という疑問がわきます。ですが、この本はいたずらにセンセーショナルなタイトルをつけている訳ではないというのが読み進めると分かります。私も夫にこの本を勧められたときは驚きました。ですが、丁度私は英検を受けようと英語の勉強を始めるところでした。

 

「勉強を始める前にまずはこれを読んでみて」と言われて読み始めると、なるほどある一定条件での英会話の学習には意味が無いばかりかむしろ英語の勉強を間違う要因になるということを、英文読解を専門とし、この分野の権威でもある筆者行方昭夫が、さすがにとても読みやすいわかりやすい文章で、まずは自分の母語(幼児期に自然に習得する言語)の読解力を確立して、外国語として学ぶ英語は母語のように自然に習得はできないので読解力と文法や単語の知識を身につけて、英会話はその読解力の範囲内でしか伸ばせないということについて、読者に親切な細かい例やわかりやすい説明でグイグイと読ませてくれます。

 

私はこれを読んでから、文法書や単語集に向かう時のモチベーションが変わった気がします。そして「詰め込み教育」と言われた世代ですが、そうやって文法や単語をつめ込まれたことに感謝しています。良書と出会えてよかった、というのが率直な感想です。これはもちろん私のような大人でも、そして出来れば英語を学び始める小学生や中学生の親御さんや本人にも是非広く読んで欲しい本です。

※この記事は読者からの投稿記事です

英会話不要論 (文春新書)

新品価格
¥756から
(2018/5/10 19:14時点)

[sign]