亀頭がパンパンに腫れ膿のような液体が…「クラミジア」性病

まだ学生の頃の話ですが、当時のいわゆるセフレとSEXしたまま、お風呂にも入らず寝落ちしてしまい…その次の日は何ともなかったのですが、翌々日の朝、自分のムスコが大変な姿になっていました。

先っぽがパンパンに腫れていて、膿のような液体が出てきていました。コレはマズいと思いましたが、時すでに遅しでした。
とりあえずトイレに駆け込みましたが、排尿時のアノ痛みは言葉で言い表せないほどです。腰が引けてしまい、マトモに立っていられないし、熱を持っているような感覚です。


とにかく病院へ行かなければと思い、恥を忍んで病院へ行ったところ、【クラミジア】と診断されました。医者いわく、男性は感染後から発症までが1~3日程度ですが、女性は潜伏期間が長いとのことでした。おそらくパートナーから感染されたのだろうと言われました。病院からは薬が出て、1週間後に再度来るように言われました。
痛みもすっかり消えて、1週間して病院に行き、感染していないことを確認してもらいました。
病院では尿道に硬い綿棒のようなモノを突っ込んで検査したので、それだけでもかなりの痛みがありました。あとはトイレがものすごい痛さでした。他には、尿道から出た膿がパンツに付着して、それが固まってしまった時、剥がすのが痛かったです。

これで性病とはおさらばと思っていましたが4日後、同じような痛みが出てきました。まさかまたか…と思い、今回は躊躇なく病院へ行きました。結果は淋病でした。おそらく同時に感染したとのことですが、発症時期に差があったのか時間差で発症したようです。
クラミジアの時と同じように硬い綿棒のようなモノを突っ込んで検査しました。病名がハッキリしたところで、お尻に注射すれば早くよくなると言われ、注射を打ってもらい薬を出してもらいました。

この時は2つ続けて性病になってしまいましたが、これって性病かな?って思うタイミングはあからさまなのであえて言うまでもないかもしれませんが、膿が出てきている・妙に腫れている・排尿時の激痛などです。
一日も早く病院へ行くことをオススメします。

【性病検査キット】病院に行けない方におすすめ!/クラミジア・淋病・他
性感染症は、自覚症状がないまま進行していきます。 体に目立つ異変が現れたときには、末期に近い状態になっていた。とい...

性病検査キット おすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする