新車購入時も車査定サイトを利用!下取りにはない車買取店の強みとは?

CMでもお馴染みとなった車買取の無料一括査定サイト。

車を売る時は買取店で売る方も多いですが、下取りの場合はまだまだ普及しているとは言えません。多くの人が【下取り=ディーラーに任せる】という考えをお持ちのようです。これは勿体無いですね。

実は下取り時でも車買取店の無料一括査定サイトは利用可能なのです。

この記事では販売ディーラーにはできない車買取店の無料一括査定の強みと、車買い替え時の利用方法についてご説明したいと思います。

車買取店の無料一括査定サイトの3つのストロングポイント

1 複数の買取店の査定を比較できるので一番高く売れるお店が分かる!

これが一括車査定サイトの目的と言ってもよいでしょう。複数の車買取店の査定を貰う事の目的は【査定額を比較する事】です。
査定額を比較すれば一番高く売れるお店が見つかるので高く売る事ができます。一括査定を行う事で下取り査定額よりも平均で16~17万円高い買取査定額という金額が出ています。
従来も一社一社 買取店を回って査定してもらう というやり方は以前から言われていたのですが、この一括査定サイトを利用する事でその手間が大幅に削減できるようになりました。

2 全国の相場が1秒で分かるからディーラーが安い下取り査定価格を提示して来ても騙されないで済む!

これはかんたん車査定ガイドという一括査定サイトのストロングポイントなのですが、その他の一括査定サイトは車両情報を入力しても買取店が査定額を送ってくるというやり方だけなのですが、このかんたん車査定ガイドなら車両情報を入力したら全国の相場を1秒で教えてくれます。これでおおよその相場を調べる事が可能です。

3 今の車を現金で売る事もできるから手元にお金を残す事もできる!

販売ディーラーに下取りをお願いする場合、今乗っている車の下取り価格は新車の購入代金で相殺されます。お金の直接のやり取りはなく、契約書上で新車の代金から引かれるカタチになります。しかし車買取店に売る場合、今の車は一旦現金化されます。その買取店で売って現金にして新車の購入代金に充てる という流れが普通なのですが、

もし、あなたが新車購入をローンで組む場合、新車の代金を丸々ローンで組んだら買取店で売ったお金は手元に残る事になります。

チェック

一括車査定サイトを利用しない場合、
そもそもまず相場が分からないので、販売ディーラーの下取り査定額を鵜呑みにするしかありません。相手もできるだけ安く下取りしたい訳ですから相場より安く言うのは当然なのです。ですから、まず1度査定していくらで売れるのかを知る事はとても重要なのです。

新車購入時の一括車査定サイトの利用方法

今乗っている車を出して、新車の購入を考えている というあなたへ
一括車査定サイトを利用してできるだけ高く売る流れを説明します。

1 まずはネットで車一括査定をする

2 買取店の方の査定額を聞く
※ここで買取をお願いしてはいけません。査定額の有効日を聞いておきましょう。

3 販売ディーラーに行き新車の商談。下取り査定をしてもらう。
※一番高い買取店の査定額と下取り査定額を比較しましょう。

4 一番高いお店に売る

この流れで、一番高く売れるお店を確認して売る事が可能になります。仮に下取り査定の方が高かったとしても、もう他のお店の査定額は聞いているので心置きなく下取りに出す事ができると思います。
多くの場合は買取店の方が高く売れています。

まとめ

今回は車一括査定サイトの下取り有りの新車購入時の使い方についてご説明しました。
これだけ車買取店が普及したにも関わらず、下取り時になると利用者が減ってしまいます。本当に勿体無いので下取り有りの新車購入の時も是非、一括車査定サイトを利用して欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする