【AU回線系】おすすめの格安SIM※MVNO

格安スマホにはau回線を取り扱っているMVNOがいくつかあります。
au回線の格安スマホを使いたいと思っている方向けに格安スマホを紹介していきたいと思います。

 

AU系のMVNOを紹介

au回線のMVNOは、7社あります。
それぞれの特徴について見ていきましょう。

【mineo】

まずは、月額料金割引キャンペーンが手厚いmineoです。
mineoではデータSIMと通話SIM両方の取り扱いがあります。
データ容量は500MBからあり、以降1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBと幅広いプランから選べるという特徴があります。
余ったデータ量は翌月繰越が可能で、データプラン自体も毎月変更可能である為、データを無駄なく使えるといったメリットもありますね。
料金ですが、データSIMの場合、それぞれ月額700円、800円、900円、1,580円、2,520円、3,980円、5,900円となっています。
また、通話SIMの場合、月額1,310円、1,410円、1,510円、2,190円、3,130円、4,590円、6,510円となっています。
通話かけ放題や端末補償等のオプションを付けた場合は、これらの料金にオプション料金が加算された利用料金となります。
mineoでは最低利用期間は設定されていないものの、契約から12ヶ月以内にMNP転出をした場合、MNP転出手数料12,420円が発生します。
13ヶ月目以降はMNP転出手数料は2,160円となります。

 

【IIJmio】

続いては、株式会社インターネットイニシアティブが提供しているIIJmioです。
IIJmioでもデータSIM(SMS機能付き)と通話SIMの取り扱いがあります。選べるプランはそれぞれミニマムスタートプラン(データ容量3GB)、ライトスタートプラン(データ容量6GB)、ファミリーシェアプラン(データ容量10GB)です。
データSIMの場合、月額900円、1,520円、2,560円で、通話SIMの場合は月額1,600円、2,220円、3,260円となっています。
さらにデータが欲しいという方にはさらに大容量オプションが用意されており、20GBで3,100円、30GBで5,000円、組み合わせて最大50GB月額8,100円で利用可能です。
これらの基本料金にオプション料金が加算されたものが月額利用料金となります。
データSIMの最低利用期間は契約の翌月末までとなっていて、通話SIMは最低利用期間の設定はありません。
但し、通話SIMの12ヶ月以内の解約には継続月数に応じた解約料が発生します。
この解約手数料は12ヶ月-利用月数×1,000円となっており、3ヶ月目に解約した場合は9,000円、11ヶ月目に解約した場合は1,000円となり、13ヶ月目以降は0円となります。

【BIGLOBEモバイル】

続いては、BIGLOBEモバイルです。
BIGLOBEモバイルではデータSIM(SMS機能付き)と通話SIMの取り扱いがあります。
データプランは3GB、6GB、12GB、20GB、30GBの5プランから選ぶ事ができます。通話SIMの場合のみこれらのデータプランに加えて1GBのプランが用意されています。
データSIMの料金は月額1,020円、1,570円、2,820円、4,620円、6,870円となっていて、通話SIMの料金は1,400円、1,600円、2,150円、3,400円、5,200円、7,450円となっています。
BIGLOBEモバイルの特徴として、エンタメフリーオプションというオプションが用意されています。
データSIMは月額980円で、通話SIMは月額480円で利用でき、データ容量3GB以上のプランから利用できるサービスです。
YouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kids等のコンテンツ利用にかかるデータ通信が、無制限に利用できるオプションです。
上記コンテンツを頻繁に利用する人にとっては、とてもおすすめできるサービスです。
通話SIMには最低利用期間12ヶ月が設定されており、この期間内の解約には契約解除料8,000円がかかります。

 

【UQmobile】

続いては、KDDIグループ会社でもあるUQコミュニケーションズが提供しているUQmobileです。
UQmobileでもデータSIMと通話SIMから選ぶ事ができます。
データSIMの場合は、月額980円でデータ容量3GBのデータ高速プランと月額1,980円で最大通信速度500Kbpsでデータ無制限に使い放題のデータ無制限プランがあります。
通話SIMの場合は、何度でも5分以内の通話かけ放題のおしゃべりプランと無料通話が付いているぴったりプラン、さらには通話し放題や無料通話の付いていない通常のプランから選ぶことが可能です。
おしゃべりプランはデータ容量に応じて3プラン用意されており、月2GBのおしゃべりプランS(月額1,980円)、月6GBのおしゃべりプランM(月額2,980円)、月14GBのおしゃべりプランL(月額4,980円)があります。
ぴったりプランもデータ容量・無料通話時間に応じて3プラン用意されており、データ量月2Gと無料通話60分が付いたぴったりプランS(月額1,980円)、データ容量月6GBと無料通話120分が付いたぴったりプランM(月額2,980円)、データ容量月14GBと無料通話180分がついたぴったりプランL(月額4,980円)があります。
通常プランは音声通話はできるものの、5分以内の通話無料サービスや無料通話が付いていないプランになります。
データ容量月3GBのデータ高速+音声通話プラン(月額1,680円)とデータ容量無制限(最大通信速度500Kbps)+音声通話プラン(月額2,680円)の2プランがあります。
自分の通話スタイル・データ量に合わせて多彩なプランから選べる点はおすすめです。
通話SIMには最低利用期間が定められており、最低利用期間内の解約には解約手数料が発生します。
ぴったりプラン、しゃべりプランは24ヶ月目までの解約には9,500円が、通常プランは12ヶ月以内の解約には9,500円の解約料金が発生します。

 

【FiiMO】

続いては、FiiMOです。
FiiMOではデータSIM、データSIM(SMS機能付き)、通話SIMの3つから選ぶ事ができます。
データ容量はそれぞれ3GB、6GB、10GBから選ぶ事ができます。
データSIMの月額料金は900円、1,600円、2,650円、データSIM(SMS機能付き)の月額料金は1,050円、1,750円、2,800円、そして通話SIMの月額料金は1,600円、2,300円、3,350円となっています。
データSIM、データSIM(SMS機能付き)の場合は最低利用期間1ヶ月、通話SIMの場合は最低利用期間は12ヶ月となっています。
最低利用期間内の解約には契約解除料として10,000円が発生します。

 

【QTmobile】

続いては、九州電力グループが提供しているQTmobileです。
QTmobileではデータSIM(SMS機能付き)と通話SIMから選ぶことができ、データ容量は1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBから選ぶことができます。データSIM(SMS機能付き)の月額料金はそれぞれ、800円、900円、1,550円、2,550円、4,200円、6,200円となっています。
通話SIMの月額料金は、1,450円、1,550円、2,250円、3,250円、4,900円、6,900円です。
通話SIMには最低利用期間はありませんが、利用開始月を含む13ヶ月以内のMNP転出に手数料11,500円がかかります。14ヶ月目以降は2,000円となります。

 

【Tikimo】

最後は、Tikimoです。
TikimoではデータSIM(SMS機能付き)と通話SIMが用意されています。
基本料金はデータ容量に応じて、月額770円(1GB)、880円(3GB)、1,520円(6GB)、2,300円(10GB)、3,250円(15GB)、6,250円(30GB)、10,300円(50GB)となっています。
また、通話SIMの場合は上記料金に+700円の料金となっています。
データを小容量から大容量まで選べる点はおすすめですね。
データSIM(SMS機能付き)の最低利用期間は3ヶ月となっており、この期間内の解約には契約解除料2,000円が発生します。
また、通話SIMの最低利用期間は12ヶ月で、最低利用期間の残月数×1,000円の契約解除料が発生します。

 

 

au系の格安SIM おすすめ

au回線はほとんどの会社で大容量のデータプランまで用意されています。
また、月額料金もそれほど違いがあるわけではありません。
その中でも特におすすめはmineoです。
mineoでは小容量のデータプランから大容量のデータプランまで取り扱いがあり、毎月データプランを変更することが可能である事、翌月への繰越も可能である事から、データ繰越とプラン変更を上手く利用することで、データ容量を無駄なく使うことができます。
また、通話SIMにおいては、10分以内かけ放題オプションが月額850円から利用できる為、通話が多い人にとってもおすすめと言えるでしょう。

 

 

もう一つのおすすめとしては、BIGLOBEモバイルです。
選べるデータプランはmineoに比べて少ないものの、エンタメフリーオプションが優良サービスといえます。
動画・音楽の視聴を該当コンテンツでよく利用する方にはBIGLOBEをおすすめします。
YoutubeやSpotify等のコンテンツが実質使い放題になるこのオプションを利用することで、該当コンテンツが見聞きし放題になります。
データ容量を気にせずに視聴できるというのはとても大きなメリットですね。

携帯会社はどこがいい?【格安スマホSIM】MVNO/おすすめランキング
この記事ではおすすめの携帯会社を紹介したいと思います。 ・ドコモやAU、ソフトバンクのスマホを使っているけど格安SIMに変更したい ・おすすめの格安SIMはどこ? このような方の参考になれば幸いです。 ...