アパート【インターネット無料】とは?メリットとデメリット

スポンサーリンク

賃貸アパートにはネット完備という物件があります。

不動産サイトでは、インターネット無料やネット完備等と表現されています。

 

 

今回はこのネット完備のメリットとデメリットについて説明をしていきます。

まず、インターネット完備とは、インターネットが既にアパートの各部屋で導入済みであり、プロバイダ契約も大家にて一括で済んでいる状態のことをさします。
つまり、入居したら直ぐにインターネットを利用することができます。

 

メリット1 すぐにネットが利用可能

インターネット完備のメリットとしてまず、この直ぐにインターネットを利用できるという点があります。

インターネット完備以外の物件に入居した場合、インターネットの申し込みをし、その後契約・導入工事が必要になります。契約から導入工事までには凡そ1ヶ月程度時間がかかり、それまでの間はインターネットを利用することはできません。
また、導入の為には奥内工事というものが必要になり、アパートの共用スペースから自室内へ回線を引き込む為、工事に立会う必要があります。

 
日中働いている方であれば、工事ができるのは休日のみ、せっかくの休日が工事の為に割かれてしまうのも嫌なものですね。
ですが、インターネット完備であれば、このような面倒な契約や工事といった事自体不要になるといったメリットがあります。

 

メリット2 インターネット料金が無料

二つ目のメリットとしては、インターネット料金が無料ということです。
自身でインターネット契約をした場合、工事費用や月々のインターネット利用料金を支払う必要がありますが、インターネット完備物件の場合は、このインターネット料金が無料というメリットがあります。
但し、1点注意したいのが、インターネット無料と謳ってはいるものの、共益費や管理費、さらには家賃等に上乗せされている場合もある為、物件選びの際はこの点も注意しましょう。
同地域の他のアパートに比べて料金は妥当か確認するようにしましょう。
せっかくインターネット完備となっていても、実質的に家賃等で支払っているのであれば、自分で契約して料金を支払うのと変わりはありません。

 

 

ここまでインターネット完備のメリットについて説明をしました。
では、ここからはインターネット完備のデメリットについて説明をしていきます。

インターネット完備のデメリットとしては、2つあります。

 

デメリット1 通信速度が遅くなる可能性がある

まず一つ目に、インターネットの通信速度が遅くなる可能性があるという事です。
インターネット完備と聞くと、お得と感じるのではないでしょうか?
物件を探している人は少なからずみなそう感じると思います。
インターネット料金を安くしたいと考えて、インターネット完備の物件を選ぶ人も多いと思います。
インターネット完備ということは、既に各部屋までインターネット回線設備が導入されている為、後は契約をするだけで利用できるようになります。
つまり、インターネット完備の物件はインターネット利用する人が多く入居する物件でもあるのです。

 
アパート等の集合住宅のインターネットはその集合住宅に入居している人で一つの回線(基地局~アパート間)を利用します。
その為、アパート内のインターネット利用者が多ければ多い程、インターネット回線が混雑し、速度が低下する可能性があります。
インターネット完備の物件は殆どの人がインターネットを利用するでしょう。
ですので、結果的にインターネット回線が混雑し、通信速度が低下するといったことが起こりえます。
サイト閲覧等のデータ通信量の少ない利用であれば、影響はありませんが、動画視聴やオンラインゲーム等をやりたいと考えている人にとっては、通信速度の低さが気になってしまうこともあるでしょう。

 

 

デメリット2 好きな回線を選べない

二つ目のデメリットは好きなネット回線を選べないということです。
インターネット回線にはNTT東西日本が提供しているフレッツ光、KDDIが提供しているau光、さらにはプロバイダがフレッツ光の回線を借りて提供している光コラボ等があります。
それぞれの回線・プロバイダには特色があり、オプションサービスや割引サービスが異なっています。
インターネット完備の場合、既に回線契約がなされている為、好きなインターネット回線を選ぶ事ができないというデメリットがあります。
例えば、大手携帯キャリアとプロバイダを統一することで、携帯代金の割引が受けられたり、通信速度が速いSo-netのNURO光を選ぶといった事ができなくなってしまいます。
さらには、インターネット完備の場合は、最初から部屋内にLANケーブルのコネクタが用意されており、LANケーブルからパソコン等に接続することになります。
自身で回線契約をした場合は、ルーターというものをレンタルし、このルーター経由でパソコン等を接続することになります。
このルーターには無線機能が備わったものも多く、自身でインターネットを契約することで、無線環境も整えることができます。
ですが、インターネット完備の場合は、ルーターを借りることはできず、無線を利用したい場合は、自身で無線用のルーターを購入する必要があります。

 

 

このように、インターネット完備は、一見するとお得に見えますが、デメリットもあるということを意識しましょう。
特にインターネットの通信速度を気にする方はインターネット完備よりも自身でインターネット契約をした方が速度がでるでしょう。

【無制限】モバイルルーターの選び方※「WiMAX」と「ポケットwifi」どっちがおすすめ?
・月間無制限で使えるモバイルルーターはどこがいい? ・WiMAXとポケットwifiどっちがいいの? ・工事不要で使えるインターネット回線ってないの? この記事では月間無制限で使えるモバイルルーターについてご紹介した...