アパートの不動産情報【インターネット環境】について解説!


アパートを選ぶ時にインターネット環境を気にする方も多いのではないでしょうか。

最近はインターネットを利用する人が多い為、アパートの賃貸サイトでも設備や条件にインターネット関連の項目が設けられています。
今回は不動産サイトにおけるインターネット環境の項目について説明をしたいと思います。

 

不動産サイトにもよりますが、インターネット関連の条件には、インターネット接続可やブロードバンド、インターネット無料という条件があります。
それぞれの条件について見ていきましょう。

 

不動産情報のインターネット「インターネット接続可」「ブロードバンド」

まず、インターネット接続可とブロードバンドです。この2つは同様の意味を持ちます。インターネット接続可能、ブロードバンド、光ファイバー等と表現される事が多いです。
インターネットを利用する為には、インターネットの基地局からアパート、さらには自室まで回線をつなげる必要があります。
インターネット接続可(ブロードバンド)とは、基地局からアパートまでの回線工事は済んでいる状態ということを表します。
つまり、アパート(の共用エリア)まではインターネット回線が来ているため、後はアパートから自室までの回線工事をするだけで、インターネットを利用できる状態です。
インターネット環境が整備されていないアパートでインターネットを利用する場合、基地局からアパートまでの回線工事も必要になります。
基地局からアパートへの回線工事を屋外工事と呼び、アパートから自室までの回線工事を屋内工事と呼びます。
インターネット対応物件は屋内工事のみでインターネットを利用することができ、インターネット非対応物件は屋外工事と屋内工事が必要になるという違いがあります。
屋外工事が必要になる場合、まず工事費が屋内工事だけに比べて高くなる、アパート共有スペースに工事をする為に大家さんの了承が必要など、インターネット導入にあたりお金や手間がかかります。
一方でインターネット対応物件であれば、そもそも大家さんがインターネットをアパート共有スペースまで工事を済ませてくれているため、あとは屋内工事だけである為、スムーズにインターネットを利用することができます。

 

 

ここで注意しなければならない事があります。インターネット接続可、ブロードバンドがどの回線を導入しているかということです。
回線事業者にはNTT東・西日本(フレッツ光)やKDDI(au光)、So-net(NURO光)などがあります。

導入している回線であれば、屋内工事だけで済みますが、他の回線を利用することはできません。自分がKDDIの回線を利用したいと考えていてもフレッツ光回線が導入されている場合、KDDIを利用できません。

 

不動産情報のインターネット「インターネット無料」

続いて、インターネット無料についてです。
インターネット無料とは、その名称の通り、インターネット回線の工事が自室まで完了しており、インターネットを直ぐに利用できる状態となっています。
インターネットの回線利用料を大家さんが負担をしてくれる(=インターネットを無料で利用できる)物件です。
インターネット接続可の状態と違い、直ぐにインターネットが利用できる状態である為、面倒な立会い工事や工事のスケジュール調整をする必要がないといったメリットがあります。
インターネット無料は、料金が無料な一方、実は管理費が他の物件に比べて高くなっていたりする場合もあるので、必ずしもインターネット無料が無料になっているというわけではありません(管理費等で実質支払いをしている)ので注意しましょう。
また、インターネット接続可と同様に既にインターネットが導入されている為、導入されているインターネット回線しか利用できない点にも注意が必要です。

 

不動産情報のインターネット「インターネット完備」

最後にインターネット完備です。

インターネット完備とは既に各部屋までインターネット回線設備が導入された状態の物件をさします。
インターネット完備の場合は、部屋にLANケーブルの差込口が用意されており、プロバイダと契約することで直ぐにインターネットを利用できるようになります。面倒な工事も不要です。

 

このように、アパートのインターネット環境には様々な状態があります。
自身にあったインターネット環境を選ぶことも重要になってきます。